咽頭結膜熱はプール熱とも呼ばれる風邪の一種です。
原因となるのはアデノウイルスというウイルスで、主に発熱や喉の痛み、結膜炎を引き起こします。
非常に感染力が高く、プール熱の名前の通り、プールなどで集団感染する事があります。
主に子供が発症する病気でおよそ6割の患者が子供であると言われています。

しかし、大人でも免疫が無いと感染し、発熱や喉の痛みに苦しむ事となります。
そんな大人の咽頭結膜熱の症状である頭痛や喉の痛みを抑えるのに
ロキソニンが良く効くと言われています。

咽頭結膜熱の特徴

2015-06-19-2b

咽頭結膜熱アデノウイルスによる感染症であり、アデノウイルスは1年を通して存在しますが、
7月8月の頃にその感染のピークを迎えます。

なぜ夏に多く感染するのか?というとプールを介して感染したり、
タオルを共有する事で感染したりするからと言われています。
アデノウイルスは感染力が高く、その感染源は保菌者の唾などの体液で、
感染を避ける為にはプールの後の流水による洗浄と、
タオルなどの共有を避ける事が大切とされています。

アデノウイルスも一度抗体が出来れば同じウイルスに感染する事はありませんが、
その種類が51種にも及ぶ為、1つの種類に抗体が出来ても
また別の種類に感染する事は起こり得るのです。

また、感染力が強い為、家族に感染者が出ると
大人でもそのウイルスの抗体を持たなければ感染してしまいます。

咽頭結膜熱の治療法

咽頭結膜熱は感染後3~7日の潜伏期間を置いて発病します。
その症状は発熱、喉の痛み、結膜炎が3大症状です。

熱は39度から40度という高熱になり、扁桃腺が腫れて、目も充血して真っ赤になります。
しかし、この病気には治療薬が存在しません。

抗生物質は効かず、対症療法を行うのみです。
その為、子供の場合はアセトアミノフェンなどで解熱鎮痛治療を行います。
また、熱による脱水症状に注意して水分補給を十分に行う必要があります。
目の充血が酷い場合は専用の目薬を処方される事になります。

アセトアミノフェンは効果の弱い薬ですが、胃に優しく、体に負担が少ない薬です。
その一方で、大人が咽頭結膜熱に罹った場合は
その症状を抑えるのにロキソニンが即効性があります。

ただ、副作用として稀にアナフィラキシー症状急性腎不全、呼吸困難、溶血性貧血、頭痛嘔吐、
再生不良性貧血など、非常に重大な副作用を起こす場合がありその服用には注意が必要です。

更にロキソニンの子供への影響はまだはっきりしていない為子供への投与は危険とされています

ロキソニンの効果

ロキソニンは病気による発熱や痛み、生理痛、
手術や抜歯の後の鎮痛などに高い効果があるとして使用される薬です。

炎症や痛みの原因であるプロスタグランジンの生成に関与する酵素
であるシクロオキシゲナーゼを阻害する事によって痛みや炎症を抑える事が出来ます。

ロキソニンは病院などで処方される薬ですが第一三共ヘルスケアより、
市販薬としてロキソニンSが販売されていて解熱鎮痛薬として家庭でストック服用が出来る薬でもあります。

但し、15歳未満使用不可となっていて子供の解熱鎮痛には使えません。
また、妊婦にも悪影響が考えられるとして妊婦の服用も避けるようにと指導されています。

他には血液に障害がある人や、腎臓や肝臓に問題がある人、
アレルギーがある人や高齢者も避けるべきとされています。

ロキソニンは効果が高い為、人気がある鎮痛剤です。
しかし、子供や妊婦、お年寄りには絶対に使用しないようにしてください。
常用するのも危険があるとされているので、なるべく短期の服用で抑えるようにしましょう。

プールとプール熱

2015-06-19-2c

プールはあの独特の匂いで分かるように強力な消毒薬が使われています。
それなのになぜプール熱、咽頭結膜熱になってしまうのでしょう?

実はこのアデノウイルスには消毒薬は効きづらいのです。
なので保菌者の体液によってプールが汚染されてしまい
そこから感染するという事が起きてしまいます。

消毒薬が効き辛いという事は当然ながら手指の消毒だけで安心は出来ないという事になります。
なので、プールのシーズンはプールの後は必ずシャワーで体を洗い目を流水で洗うという事が大切になるのです。

家庭でも、外出から帰ったら、石鹸で手を洗いうがいをする事がとても大切です。
また、家族内であってもタオルの共有は出来るだけ避けるようにしましょう。

全員が発病してしまうと誰かが無理をして動かなければならないので
負担が掛かる人が病気を悪化させてしまう可能性があります。

そんな時はロキソニンで症状を抑えれば大丈夫と思うでしょうが、
前述したようにあまり薬に頼るのも危険なのです。
なるべく病気に罹らないように注意する事がまず大切です。