実はインフルエンザ脳症という病名があるのは日本だけで
インフルエンザで出される薬が原因となって起こる弊害を
この病名でごまかしていると言われています。

なぜ、インフルエンザ脳症がこんなにも問題になっているのか
どうして起こるのかを知って、ぜひ予防に役立てていただきたいと思います。

インフルエンザについて

2015-12-13b

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる感染症になります。

ウイルス自体は1年中存在しますが、特に12月〜3月に流行します。
これは、気温が低く乾燥した冬の時期が
ウイルスにとって居心地の良い環境になっているからです。

いきなり38度以上の高熱を出して
インフルエンザを疑うケースがほとんどだと思いますが
熱以外にも普通の風邪同様の咳や鼻水、のどの痛みに加え
頭痛や全身に現れる筋肉痛・倦怠感といった症状もあります。

これらの症状を見ると風邪が悪化したものだと思う人も多いようですが
インフルエンザの症状は重く、乳幼児や高齢者、
心臓病などの基礎疾患がある場合だと重症化しやすく、
脳炎や脳症などの合併症を引き起こすことで問題となっています。

脳症とは

脳の中にウイルスが侵入していないのに、脳が腫れる病気が『脳症』です。

高熱や痙攣、頭痛、麻痺、嘔吐、下痢、呼んでも応答しない
という意識障害などの症状が現れます。

また、知能障害や運動障害といった後遺症が残ったり、
最悪の場合だと死亡してしまうケースもあります。

インフルエンザ脳症の場合は、主に5歳以下の幼児に見られると言われています。

A型インフルエンザが原因となることが多く、
発熱から平均して1〜4日後に発症すると考えられています。
急速に重症化することもあるので、異変に気付いたら
すぐに病院を受診するまたは救急車を呼びましょう。

以前は、1年間で100〜200人ほどの患者がいましたが、近年では減少傾向にあるそうです。

なぜインフルエンザ脳症が起こるのか

インフルエンザ脳症と呼ばれていますが、
インフルエンザウイルスは鼻やのど
気管支などの粘膜で繁殖するウイルスなので、
体内の他の場所で悪さをすることが出来ないのです。

では、なぜインフルエンザ脳症が起きるのでしょうか。
最近の研究で、インフルエンザ脳症は国によって発生状況が異なっていることに気付きました。

そこで、何が原因であるかを突き詰めた結果、
インフルエンザの症状の一つである発熱を抑えるために使われていた
『解熱剤』が脳症を引き起こしていると判明しました。

アスピリンやボルタレン、ポンタールといった名前を
聞いたことがあるかもしれませんが
これらの解熱剤は、免疫反応に異常を起こすと言われていて、
これが脳症の原因だと考えられています。

10年程前には日本でも使用されていましたが、
脳症の原因だということが分かってからは使用されておらず、
それから日本でのインフルエンザ脳症患者数が減少しているそうです。

今では禁忌薬となっているそうですが、
市販の薬などにも含まれているので発熱時には服用しないように注意しましょう。

まとめ

2015-12-13c

今回は、インフルエンザ脳症が日本で問題になっているということで
脳症やその原因について詳しく説明してきました。

名前からしても脳症は恐ろしい病気でしたが、
まさか治療のために使っていた解熱剤が
インフルエンザ脳症を起こしていたなんて考えられませんでした。

しかも、日本はそれをごまかしていたということにも驚かされました。

他の国は使用を止めているのにもかかわらず、日本はまだ使用しているそうです。


自分の身は自分で守らなければいけないのだと改めて思わされましたし
そのために、は、正しい知識を持っていなければいけないのだと思います。

高熱が出ているのに解熱剤が使えないなんてと思われるかもしれませんが
アセトアミノフェンという成分なら安全ですので、そちらを使うようにしましょう。

また、インフルエンザはタミフルなどの治療薬の副作用でも問題になっているので
どんな治療薬があるのか、新しい薬についても知っておくことをお勧めします。

こちらの動画では紹介されていませんが、
漢方薬でもインフルエンザは治せるそうです。

タミフルのようなインフルエンザはここ数年で開発されたものなので、
それ以前は自然治癒できる病気とされており、漢方薬で対処していたそうです。
今でもインフルエンザに漢方を処方している病院もあるみたいですよ。

漢方薬なら副作用もなく安心ですので、
リレンザやタミフルを処方された場合は漢方について相談してみてくださいね。