冬の時期、インフルエンザに感染する人は多いです。
特にインフルエンザに感染したはじめの段階は特に症状も重たいことが多いので、
つらいものですが1週間もすればよくなってきますよね。

でも、インフルエンザに感染したことで他の病気を併発する可能性もあるんです。
どんな病気を併発してしまうかということを詳しくご説明していきます。

インフルエンザの原因は?

2015-11-06b-1

そもそもインフルエンザは、
インフルエンザウイルスというものが原因となって引き起こされます。
インフルエンザウイルスは、人間の鼻やのどなどの粘膜に感染してインフルエンザを引き起こすのです。

のどや鼻の粘膜に感染しますが、のどや鼻だけではなく全身へ症状がでるのも特徴です。
このインフルエンザウイルスは、飛沫や接触によって簡単に感染してしまいます。
そのため、特に冬の集団生活の中では感染しやすくなってしまうのです。

インフルエンザの症状

インフルエンザに感染すると、
風邪には似ているけれどインフルエンザ特有の
症状の出方があるので、改めて確認しておきましょう。

インフルエンザに感染すると38〜40度の高熱が出てしまいます。
さらに、関節痛や筋肉痛が強くおこり、全身の倦怠感などもあります。
高熱が出るため、悪寒も強く感じます。

インフルエンザに感染するとこういった全身の症状が急に起きます。
全身の倦怠感が出たぐらいには、鼻水、くしゃみ、鼻づまり、せきなどの症状がでてきます。

免疫力の弱い乳幼児や高齢者は、こういった症状が重症化することが多いので特に注意が必要ですね。

扁桃腺炎の原因はインフルエンザ菌

インフルエンザ自体も感染力が強く、
発症してからしばらくはその症状に苦しみますが、
インフルエンザによって違う病気を併発することがあります。

そのひとつが扁桃腺炎です。

扁桃腺炎は、扁桃腺が赤く腫れのどに痛みを感じます。
そして、38〜40度近くの高熱や倦怠感関節痛などインフルエンザに似た症状が出てきます
が、明らかにインフルエンザの症状に比べるとのどの痛みを強く感じるので扁桃腺炎を
併発した場合には気づくと思います。

扁桃腺炎は、扁桃腺にインフルエンザ菌などのウイルスが増殖することで引き起こされます。
ちょうどインフルエンザに感染すると、
インフルエンザ菌が増えるのはもちろんのことのども乾燥状態にあるからこそ、
よりウイルスが増殖しやすくなり結果的に扁桃腺炎を引き起こしてしまうのです。

もちろん扁桃腺炎は扁桃腺炎に対する治療が必要なので、
強いのどの痛みを感じたら病院へ行くようにしましょう。

インフルエンザで併発する可能性がある病気は?

インフルエンザは扁桃腺炎以外でも併発する病気が起きる可能性があります。
併発のある病気についてもご紹介していきます。

肺炎

肺炎は、インフルエンザによって併発する可能性が非常に高い病気です。
かぜのウイルスによって不健康な状態である呼吸器粘膜にインフルエンザ菌などを
はじめとする細菌が感染することで引き起ります。
免疫力の低い、子供や高齢者は併発して重症化する可能性も高いからこそ、
かなり注意が必要です。

髄膜炎

頭の骨と脳の間にある髄膜で炎症が起きる髄膜炎ですが、インフルエンザによって
引き起こされることがあります。

ウイルス感染によって併発して、頭痛や嘔吐、項部硬直などの症状が引き起きる可能性があります。
こういった症状が急激に出るというのが髄膜炎の症状の出方なので、
注意して様子を見ます。

中耳炎

意外と思う人も多いですが、
特に子供がインフルエンザに感染した時に発症しやすいです。

というのも、のどから耳につながる管が大人よりも短いために、細菌が耳まで到達しやすいのです。
そうすると細菌が入って中耳炎を引き起こします。
インフルエンザの症状以外に耳を痛がる様子が見られれば中耳炎を疑ってください。

結膜炎

鼻と目は管でつながっていますが、
鼻の細菌が手についた状態などで目をこすって
しまうことなどで細菌に関して結膜炎になってしまうことがあります。

インフルエンザ脳症/脳炎

インフルエンザ脳症の併発は稀ですが、
万が一併発してしまうと症状は重症になってしまうことが多いです。
けいれんや意識障害は、インフルエンザ脳症や脳炎の兆候
なので、そういった症状が出たらすぐに病院へ行くようにしましょう。

まとめ

2015-11-06c-1

インフルエンザ自体も、
感染すると1週間ぐらいは何もできなくなってしまうからこそなりたいくないものですが、
さらに別の病気を併発してしまえばもっと長く療養になってしまいます。

社会人の人は仕事があるからこそ非常に困ると思いますし、
受験の時期だからこそ別の病気なんて併発したら大変なものですよね。


参照:楽天市場

外出時はマスクを忘れないようにしましょう。
ウイルスカット率の高いものを選ぶことがポイントです。
インフルエンザに感染しないように予防することも大切ですが、
他の病気が併発しないようにインフルエンザに感染してしまったらとにかく静かにしておくことが大切ですよ。

マスクのお探しはこちら