胃の病気や生活習慣、ストレスなどによって胃酸過多になり、
そのせいで逆流性食道炎を引き起こすことがあります。

この逆流性食道炎、病院にかかれば話は早いのですが、
忙しい社会人は、そんな時間を取れないこともありますよね。

今回は、胃酸過多によって起こる逆流性食道炎と、それに使える市販薬についてご説明します。

逆流性食道炎ってどんな病気?

逆流性食道炎は、別名「胃食道逆流症」とも呼ばれていて、
胃液や、それを含む消化途中の食べ物などが胃から喉に戻ってきて、
食道を焼き、炎症を起こさせる病気です。

この病気の原因として考えられるのは、まずは食べ過ぎ
食べ過ぎて胃が容量オーバーになり、胃の入り口である「噴門」が開いて、
胃の内容物が出てしまうのです。

また、胃の運動能力低下することでも起こります。
胃から腸に流すための蠕動運動能力が落ちると、
胃に食べ物が留まる時間が長くなり、逆流しやすくなります。
噴門部の筋力が低下することでも、噴門が開きやすくなって逆流を引き起こします。

そして、胃酸過剰分泌によって起こる逆流性食道炎が、最もよく聞かれます。
様々な要因によって必要以上に分泌された胃酸が胃から溢れ出て、
食道にダメージを与えている状態です。

胃酸過多になる状況とは

胃酸過多は、元々の体質もありますが、
それよりも原因になりやすいのが普段の食事生活習慣です。

まず、脂肪が多い食事ばかりを食べていると、
胃は入ってきた食べ物を一生懸命消化しようとして、胃酸をたくさん分泌します。

また、緑茶やコーヒー、アルコールなどの、
胃壁刺激するような飲み物も、胃酸の分泌を促します。

そして、ストレスに晒される生活を送ることでも、胃酸過多になりやすいです。
身体にストレスがかかると、交感神経が優位になります。
この状態が続くと、血管が収縮し、胃粘膜の減少により胃酸が中和されなくなり、胃酸が多くなってしまうのです。

このストレスと同じ理由で、
喫煙によっても胃酸過多になる場合があります。
喫煙すると交感神経が優位になるために、同じような現象が起こるのです。

逆流性食道炎にお悩みの方は、
これらの原因を排除すれば、症状が緩和される可能性があります。

胃酸を抑える胃薬の成分

ですが、生活習慣改善はすぐに効果が出るものではありません。
今すぐ症状を何とかしたいのなら、
やはり薬を服用することも視野に入れた方が良いでしょう。

ただ、胃酸過多だからと、
ただ胃薬を飲めばそれで解決というわけには行きません。
胃薬には、原因ごとに効能の違うものがたくさんあるため、
適当に選んでは逆効果になってしまうこともあるのです。

もし、市販薬で胃酸を抑えたいなら、
まず制酸剤という胃酸を中和させる成分が入ったものを選ぶべきです。
そして、H2ブロッカー胃腸薬という、胃酸の分泌自体を抑える薬も効果的です。

これらが含まれた薬は、ドラッグストアで購入できますが、
念のためお店にいる薬剤師に相談しながら選ぶと安心ですね。

まとめ

 

2015-12-31cいかがでしたか。

逆流性食道炎原因や、胃酸過多解消する方法、
そしてそれに効く市販薬などについて、ご説明しました。

今では、胃薬もたくさんのメーカーから発売されていて、
症状ごとに細やかに分類されています。
その中にはもちろん、逆流性食道炎に効果的なものも複数あります。

ただ、薬によって胃酸を抑えても、根本を治療するわけではないので、
薬をやめればまた逆流性食道炎に苦しむことになります。

まずは、根本的な胃酸過多の原因を解消することと、
消化器科に通院して、お医者さんの指示に従うことが大切です。

逆流性食道炎は、一度起こると慢性化して、
なかなか良くならない病気と言われています。
なるべく長引かせないように、症状に気付いたら、早めの処置を心がけましょう。