寝ている間の自分のことはなかなかわかりにくものですが、
実はいびきをしていたということありませんか?

家族などから言われて初めて自覚することが多いいびきですが、
いびきはどうして起きてしまうのでしょうか?

また、そこまでいびきを気にしていなくても
実は体に影響を与える可能性があるものだからこそ、
自分で改善できるような方法もご紹介します。

いびきが与える影響とは?

2016-02-12b

いびきをすることで体に何か影響があるのでしょうか?
実は病気を引き起こす可能性もあるほど恐ろしいのです。

気づいていないかもしれませんが、
いびきをかくなという人の大体は口で呼吸をする口呼吸の場合がほとんどです。

いびきが体に影響を与えるというよりは、
口呼吸によって様々な体への影響がみられるのです。

口で呼吸をすることで、口が乾いて口臭が悪化するだけではなく
歯周病やウイルスが原因の口内炎を引き起こすことがあります。

それが派生し扁桃腺が炎症を起こす扁桃炎になることもあるのです。
また、それだけではなく、
口呼吸でいびきをすることで睡眠時無呼吸症候群という病気になることもあり、
寝ている最中に呼吸が止まってしまうことになりかねません。

それだけではなくさらには免疫力が低下する、
成長ホルモンの分泌が減るなどにもつながります。

免疫力が低下すれば、風邪などをはじめ病気にかかりやすくなってしまいますよ。
いびきぐらいと思うかもしれませんが、いびきは様々な体への影響があるのです。

いびきの原因とは?

では、どうしていびきが起きてしまうのでしょうか?
いびき=太っている人、と考えている人が多いですが決して原因はそれだけではありません。

太っている以外にも、いびきを起こしてしまう理由はあるのです。
まず寝方によって起きるいびきの原因について。

仰向けて寝ている場合もいびきの原因になります。
仰向けで寝る場合、空気の通り道でもある上気道が
ふさがりやすい状況になるためにいびきをかきやすくなってしまいます。

また、寝ている時に胸の上に手を置いた状態にしておくと、
少しの力と思うかもしれませんがそれだけで肺が圧迫されて
いびきをしやすい状態になってしまうのです。

さらに生活環境がいびきの原因になることもあります。
生活環境のひとつがストレスです。

ストレスや疲労困憊の状態だと、
無意識に体は多くの酸素を吸いこもうとするので
鼻呼吸だけではなく口呼吸を同時に行うことがあるのです。

口呼吸をすることで、いびきが出やすい状態になります。
また、寝る前のお酒もいびきにつながります。
お酒を飲むと気分が良くなるだけではなく、体の筋肉が緩みます。

これはのどの筋肉も同様で、
これによって上気道がふさがれていびきが出てしまうわけなのです。

体の筋肉が緩むという点では、精神安定剤や睡眠薬でも同様のことが起こり
いびきをかく原因になりますし、加齢によっても筋肉が緩んでいびきをかく人が増えます。

体の構造上でいびきをかきやすいという場合もあります。
あごが小さく、かみ合わせが悪い人は
いびきをかきやすいということがわかっていますし、
舌が大きい人は上気道がふさがりやすいためにいびきの原因になっていることが多いです。

それ以外にも、鼻の病気やのどの病気などが原因になることもありますよ。

自宅で簡単にいびきを治すテーピング方法とは?

体に影響を与える可能性もあるいびき。
手術をするという方法もありますが、
正直いびきで手術まではなかなか踏み切れないものです。

そこで自宅で簡単にいびきを治す方法として注目されているのがテーピングによるもの。
テーピングを使うことで実はいびきを治すことが出来るのです。

用意するものはテーピングだけ。
テーピングを口の両端に縦に貼ったら、完了です。

あまりに簡単すぎるとびっくりするかもしれませんが、
いびきをする人のほとんどがしている口呼吸をテーピングによって抑えることで、
いびきを抑えることにつながるというわけなのです。

テーピング以外のいびきを治す方法とは?

テーピングで口呼吸を抑えることでいびきを治すことはできますが、
それ以外にもいびきを治す方法はあるのでしょうか?

いびきの原因と探る

いびきを治す方法として一番最適なのが、
自分んがどうしていびきをかいているかということを知ることです。

太っていることが原因であればダイエットをすればいいですし、
寝る前のお酒が原因なのであれば寝る前にお酒は飲まないようにすればいいだけです。

もちろん、原因がよくわからないということもあるかもしれませんが、
表面的でなければあごの小ささや舌が大きいなども考えられるので、
その場合には病院で相談してみるのもひとつですよ。

横向きで寝る

仰向けで寝ることがいびきをかく原因とご紹介しました。
横を向くことによって、上気道がふさがりにくくなりいびきが出にくくなるのです。

ただ寝ている最中にもとの仰向けの姿勢になってしまうことも多いので、
タオルなどをつめたリュックを背負って寝ると
リュックが邪魔で仰向けになれず自然と横向きで寝ることができますよ。

まとめ

2016-02-12c

まわりの人やもしくは自分がいびきをかいていても、
普段そこまで気にしていなかったり本人は気づいていないことすらあります。

ですが、いびきは恥ずかしいというだけではなく体に様々な影響を及ぼし、
最悪病気を引き起こす原因になることもあるのです。

いびきを治す方法はいくつかありますが、
簡単ですぐにでも実行できるのがテーピング。

実際にテーピングでいびきが治った人が多くいるので、
ぜひいびきに悩んでいる人はぜひやってみてくださいね。