年末年始になると忘年会や新年会など、
飲み会の席でお酒を飲む機会が増えると思います。

楽しく飲んでいる間は良いのですが、調子に乗ってついつい飲み過ぎてしまい
朝になって二日酔いで後悔してしまったなんて経験はないでしょうか?

もやもや感や頭痛、吐き気が半日以上残り、
意識もハッキリせずに他人に酒臭い思いをさせて嫌われてしまったなんて人もいるかも知れません。

この二日酔いですが、同じ量を飲んでもなる時とならない時があったり
二日酔いが抜けるのも早い時と遅い時があります。

その辺りの謎も含めて症状から対処法までをお話していきましょう。

二日酔いの症状

2016-02-27b

二日酔いの症状は人によって違いますし、
同じ人でも出る症状が毎回同じとは限りません。

もちろん、お酒の飲んだ量や時間帯によっても二日酔いの症状は違います。
その二日酔いの症状で良くあるのが頭痛、胸焼け、吐き気、
喉の渇き、もやもや、体のほてり、倦怠感などです。

お酒を飲んでからグッスリ寝て起きたとしても、
これらの症状が残っている場合は二日酔いと判断して間違いないでしょう。

二日酔いのメカニズムとは?

では、二日酔いは何故おこるのでしょうか?

体内にアルコールが残っている場合は
二日酔いというよりもまだ酔っているという状態ですが、
基本的な理由としては良く似ており
肝臓でアルコールから分解されたアセトアルデヒドという中間代謝物質が
体内に残っていると二日酔いの症状を引き起こしやすいのです。

このアセトアルデヒドですが、
一度アルコールからアルコール脱水素酵素により分解された物質で、
これはアルコールよりもタチが悪くて頭痛や吐き気、
呼吸促迫などの生体反応を何倍も引き起こしやすいのです。

この状態をさらに分解してくれるのがアセトアルデヒド脱水素酵素と呼ばれるもので、
その分解によりブドウ糖や炭酸ガスと水に分解されて尿として排出されてなくなっていくという訳です。

二日酔いのもやもやは日本人が多い?

この二日酔いのメカニズムですが、
実は遺伝子によっても違いがあるという事を御存知でしょうか?

アセトアルデヒドを分解する時は
アセトアルデヒド脱水素酵素というものが必要で、
これにはアセトアルデヒドが高濃度にならないと働かないALDH1と
アセトアルデヒドが低濃度でも働くALDH2という二つのタイプがあります。

このALDH2は人種によって保有しているタイプが違います。
低濃度でも正常にしっかりと働くのが白人と黒人の人種であり、
日本人を含む黄色人種のおよそ半数は正常に働きますが、
半数は働きが弱かったり働かない人もいると言われています。

という事は、若い時からいくら飲んでアルコールに強くなろうと考えても、
そもそも遺伝的にアルコールに弱い人は強くはならないという事です。

それと、アルコールを飲んだ際にすぐに顔が赤くなる人がいると思いますが、
これはアセトアルデヒド脱水素酵素の働きが弱く分解が遅い為に赤くなりやすく、お酒に弱いというわけです。

これが日本人の黄色人種では
およそ半数がそういうタイプという事なので、遺伝的には仕方ないというわけです。

治らない二日酔いにはラムネが効果的?

2016-02-27c

では、二日酔いを早く解消するにはどうすれば良いのでしょうか?

実は森永のラムネがとても効果的というのは御存知でしょうか?
アセトアルデヒドを分解しようとする際には大量のエネルギーが必要で、
その為にはブドウ糖が必須となります。

もちろん脳が働く為にもブドウ糖は欠かせない存在ですので、
尚更に摂取する必要があるのです。

1番良いのはブドウ糖のサプリメントですが、
こういった商品は値段も高いです。

簡単に手に入るものとして注目を浴びているのが森永のラムネです。

森永のラムネと言えば昔から子供達に人気のお菓子ですが、
実はこれが二日酔いに効果的なんです。
森永のラムネには原材料としてブドウ糖がたくさん使われていて
アセトアルデヒドの分解にとても役に立つのです。

ただし、そうは言ってもブドウ糖の取り過ぎは高血糖を招きかねません。
二日酔いの為に一時的に摂取するだけなら問題はありませんが、食べ過ぎには注意しましょう。