不眠症の原因に、不整脈冷え性といった症状が
関係しているということをご存知でしょうか。

近年、不眠で悩む人は増加傾向にあり、
不眠が続くことで健康に支障が出ることもあります。

今回は、不眠の原因とその解消方法について、
ご紹介していきたいと思います。

不眠症の原因ってなに?

2016-07-04b

不眠症には4つの種類があります。

一つは夜になかなか寝付けない(入眠困難)、
二つ目は夜中何度も目が覚める(中途覚醒)、
三つ目は思っていたよりも早く目が覚めてしまう(早朝覚醒)
四つ目は眠った満足感のない、質の悪い睡眠が続く(熟眠障害)があり、
どれか一つでも週に3回以上当てはまり、
それが一か月以上続いている場合には
不眠症である可能性が高いと言われています。

また、これらの原因は、
交感神経が活性化しているからだとされています。

仕事や日常生活でのストレス、睡眠に対するプレッシャー、
生活リズムの乱れなどが交感神経を刺激すると考えられています。

他にも、寝室の温度や湿度、寝具、騒音、照明、臭いなどといった睡眠環境や
寝る前にカフェインやアルコール、煙草を摂取したり、
テレビやパソコンゲーム、携帯などが脳を興奮させる要因となります。

不整脈・冷え性が原因の場合について

不整脈は、脈拍が飛んだり、早くなったり遅くなったりといった
脈の打ち方がおかしくなった状態のことを言います。

この不整脈が原因となって、不眠症を引き起こす場合があります。

なぜなら、横になって眠ろうと思うと脈の打ち方がより感じやすくなるので
神経が敏感になったり不安に襲われ、眠りが妨げられてしまうからです。

これが不整脈についての動画になります。

この状態が続くと、身体に疲労が蓄積され、
他の病気を引き起こしやすくなってしまいます。

また、不整脈と同じように冷え性によっても、
不眠症が起きることがあります。

身体が冷えると体内の血管が細くなり、
血行が悪くなるため体温を上昇させようと、身体のあらゆる機能が覚醒し、
寝ようとしても寝られない不眠の状態を生んでしまうのです。

眠れない事で起こる体の不調とは?

睡眠は私たちの身体にとって、とても重要なものになります。
なので、不眠は思っている以上に様々な悪影響を及ぼすのです。

不眠によって睡眠不足の状態が続くと、
肥満や頭痛、めまい、吐き気、口臭関節痛、胃のむかつき、
肌荒れ、薄毛、抜け毛、うつ病、注意力・集中力の低下、
糖尿病、高血圧、心臓病などを引き起こしやすくなります。
https://twitter.com/mina08190418/status/736972450219491328
この症状から、事故やケガに繋がることもあります。

さらに、睡眠時間が短いと、性格や行動が変わってしまったり
死亡率が高くなったり、病気になるリスクが高まるとも言われているので
不眠は非常に危険だと言えます。

しかし、これらの症状は、しっかりと質の良い睡眠をとることで
改善することができるので今日から不眠症を改善する生活を心掛けましょう。

不眠症解消方法

不眠症を解消するためには、
リラックスを促すために副交感神経を
働かせることが非常に大切になります。

そのために、は、生活習慣を意識して変えていくことが必要です。

まず、朝は毎日同じ時間に起床し太陽の光を浴びるようにしましょう。

次に、できる限り毎日ストレッチやウォーキングなどで体を動かし
疲労を和らげます。

そして、寝る前の行動が一番重要で、
夜ご飯は寝る3時間前までに済ませお酒は控えるようにしてください。

また、お風呂はシャワーだけでなく湯船にゆっくり浸かって体を温め
寝る直前にテレビや携帯など強い光を発するものを見ないようにしましょう。

これに加えて、睡眠に必要な「セロトニン」という成分を作る材料となる
「トリプトファン」をたくさん含んでいる食材を食べるようにしてみてください。

トリプトファンは、乳製品やナッツ類、
マグロ、かつお、レバーゴマなどに含まれています。
おやつをナッツに変えるだけでトリプトファンを摂取できます。

さらに、この動画のような睡眠用BGMを聴くことで、
今まで不眠に悩んでいた人がスムーズに眠れたというので、一度試してみてください。

まとめ

2016-07-04c

不整脈の脈の乱れや冷え性で身体を温めようと働くことで
睡眠が妨げられ、不眠症を起こすということについて
原因や解消方法などを踏まえて、詳しく説明してきました。

私も、布団に入ってから寝付くまでに1~2時間かかることがありましたが
いつものこととあまり気にしていませんでした。

ですが、今回の記事で不眠の症状の一つだということが分かり
少し生活習慣に気を付けなければいけないのだと思いました。

現代社会では、どうしてもストレスや疲れが溜まりやすく
それが睡眠に支障をきたし、健康にも害を与えるということで
睡眠はとても大事なものなのだと、改めて気付かされましたね。

不眠症の治療で、睡眠薬を使ったものもありますが
一度薬に頼ってしまうと依存してしまう危険性もあるので
自分が気持ちよく眠れる環境を自ら作ることが大事だと思います。