ただの日焼けだと思って何のケアもせずにいると、
湿疹になって治りにくくなることがあるって、知ってましたか?

この日焼けによる悪影響は、シミやソバカスだけではありません。
日焼けによって起こる様々な皮膚の異常や、予防策、アフターケアなどについてご説明します。

日焼けするとこんな肌トラブルが!

2016-09-24b

日焼けをすると、シミシワ
できやすくなるのは誰もが知っている事実ですよね。
これらは日光の中の、紫外線による仕業。

紫外線にはUVA、UVB、UVCと3つの波長があり、
それぞれ肌に及ぼす影響が異なります。

UVAは、真皮層にあるコラーゲンやエラスチンを破壊してしまいます。
そのせいでお肌のハリが失われたり、シワの原因を作ってしまうのです。
しかも、UVAはガラスを通過してしまうため、室内にいても影響を受けるという厄介な特徴があります。

UVBは、短時間で皮膚に与えるダメージが大きく
お肌を黒化させたり、炎症を起こさせて赤く火傷のような状態を作り出します。

このダメージからお肌を守るためにメラノサイトという
色素生成細胞が過剰に働き、シミソバカスができてしまうのです。

また、UVCは、そのほとんどがオゾン層に吸収されるため、
地球にいる人の身体には影響が無いものと考えられています。

日光湿疹と日光蕁麻疹

ところで、日光に当たって数時間後に、ぶつぶつと湿疹が出ることがあります。
この湿疹は「日光湿疹」と呼ばれ、元々の体質や、
日焼け止めなどを塗らずにいきなり強い日差しの下に晒されたりすると起こります。

日光湿疹と似たものに、「日光蕁麻疹」というものもあります。
これは、日光に当たった直後に赤く蕁麻疹が出ますが、
すぐに治まるという特徴があり、日光湿疹とは別な物と考えられています。

日光湿疹の対策としては、普段から皮膚を露出しないようにしたり、
日焼け止めなどを塗って予防するのが第一ですが、
湿疹が悪化してしまった場合は、抗アレルギー薬ステロイド薬が処方されます。

湿疹をそのままにしておくと、
跡になったりぐじゅぐじゅと浸出液が出ることもあるため、
日焼けをした後の皮膚の様子がおかしいと思ったら、皮膚科で診てもらいましょう。

日焼けや紫外線対策については、こちらの記事も参考にしてみてください。

自分でできる日焼け後のケア

湿疹まで行かなくても、ヒリヒリした日焼けをそのままにしておくと、
入浴や衣服のこすれで常に痛い思いをすることになります。
そうなる前に、セルフケアを十分に行って日焼けの悪化を食い止めましょう。

まず、強い日差しを浴びて皮膚が赤くなってしまったら、
帰宅後になるべく早くシャワーなどを浴びてお肌を清潔にします。

そして、冷たい水やアイスノンなどで赤くなった部分をクールダウン。
日焼けは火傷と同じ状態ですから、
迅速に冷やすことで、治りを早めることができるのです。
全身を冷やすなら冷水シャワーが手っ取り早いですが、
水圧でお肌を痛めないようにして下さい。

日焼けした部分のほてりが落ち着いたら、次は保湿
顔の場合は、冷やした低刺激化粧水などでパッティングしましょう。
美容成分や美白成分が豊富な化粧水ではしみてしまうので、
あくまで低刺激のものを使うのがポイントです。

その後は、ワセリンなどで水分が逃げてしまわないように蓋をします。

敏感肌にも使えるユースキンSシリーズも、
紫外線のアフターケアに良いのでおすすめです。

日焼け後の保湿にニベアの青缶が良いという口コミもありますが、
これらは実は日焼けや火傷を想定して作られていないそうです。

もちろん使ってダメということはありませんが、
自己責任のもとで使用するようにして下さいね。

まとめ

2016-09-24c

本文中でお話ししたように、日焼けはお肌にとって良いことはありません。
でも、日焼けが付き物の野外でのイベントは、
お肌への影響を気にしていられないくらい楽しいのも事実ですよね。


このように、体育祭や野外ライブなどで日焼けをしてしまっても、
その楽しい思い出の方が強く印象に残るのは、よくあることです。

しかし、長い目で見るとやはり紫外線の影響を無視することはできません。
とは言え、真夏の晴天が広がっているのに室内から一歩も出ずに過ごすのは、

アクティブ派の人には耐えられませんよね。

お外で楽しんだ後は、しっかりアフターケアをして、
将来の自分を後悔させることが無いようにしたいですね。