夏が近づいてくると、洋服も薄着や半袖の方が増えてきますよね。
そうなると気を付けなければいけないのが日焼けです。

特に女性の方は外に出る際には気になるところです。
この日焼けも場合によっては酷い炎症を起こしてしまう事もありますので、
対策などをしっかりと学んでおきましょう

日焼けの原因は?

2015-08-02-1a

日焼けの主な原因はメラニン色素と呼ばれるものです。
これは紫外線を浴びる事によって皮膚の基底層にあるメラニン細胞から
メラニン色素が作り出されるのです。

つまり紫外線に当たらなければメラニン色素が作られる事もなく、
日焼けをする事もないという事です。
昔はこんがり小麦色に焼けた肌が健康的で良いという意識がありましたが、
今ではそういったイメージで捉えられる事も少なくなってきました。

その答えは歳を取るとわかってきます。

若い頃は軽く焼けた肌が健康そうに見えたとしても年齢を重ねるごとに
その肌はシワシミとなって肌に残って取れなくなってしまうのです。

もちろんそれだけではなく、酷い場合には皮膚の良性腫瘍
悪性腫瘍を引き起こしてしまう場合もあるのです。

特に皮膚が健康の方の場合は問題ないのですが皮膚の弱い方にとっては
重大な皮膚疾患を起こしかねません。
かといって、太陽光がすべて悪いという訳ではありません。
太陽光は適度に身体に浴びる事によって体内にビタミンDを生成できます。

それを上手に利用すれば良いのですが、肌の質によってその人それぞれの影響も変わってきます。
生まれながらや環境でもともと肌の色が黒い黒人の方は紫外線にも強い肌質になっています。

反対に寒い地域に住んでいる白人の方などは紫外線に弱い皮膚の方が多いので
紫外線を浴び続けるとすぐに肌が真っ赤になってしまう方もいます

日焼けで黒いと真っ赤の違いは?

日焼けで肌が黒くなってしまうのは先ほども述べましたようにメラニン色素原因です。
つまり肌も紫外線に対しては強い方だという事です。

反対に日焼けで肌が真っ赤になってしまう人は普段あまり外に出ずに過ごしている方が多いと思います。
そして真っ赤になるということは肌の炎症が起こっているという事なのです。
それはつまり火傷と同じような状態です。

まずこういう場合には火傷による炎症を抑える事が先決です。
氷水濡れタオルなど冷やせるものならば何でも結構ですので、
まずは皮膚の真っ赤になった部分を冷やして痛みと炎症を抑えましょう。

そして痛みや炎症が少し治ってきたら、保湿や薬による治療を施しましょう。

日焼けケアについてはこちらの記事もご参考に!

日焼けにオロナインは効果的?

日焼けを起こした際になるべく早く治すためのお薬としてオロナインがあります。

まず、簡単にオロナインというお薬について御説明しますと、
オロナインの正式名称は「オロナインH軟膏」と呼ばれ、
大塚製薬が1953年より発売している皮膚用の抗菌軟膏材です。

その主な成分は消毒薬であるグルコン酸クロルヘキシジン液で、
その中に止血薬ラウロマクロゴール乳化剤としてポリソルベート80
止血剤硫酸アルミニウムカリウムなどが含まれています。

その効能は吹き出物ニキビ、軽い火傷、しもやけ、ヒビ、アカギレ、
水虫、タムシなど様々な症状に効果的と言われています。
ただし、オロナインも万能薬ではありません。

例えば湿疹、皮膚炎、虫刺されの症状には使用を控えた方が良いでしょう。
このオロナインの効果の中で注目して欲しい点があります。
それは軽い火傷に効果的という点です。

日焼けは確かに軽い火傷です。

ですから日焼けの後のケアとしてオロナインは有効ですので軽い火傷部分に塗ると効果的です。
ただし、あくまでも「軽い火傷」です。
少し赤くなる程度の日焼けには効果的ですが目に見えて重度の炎症が起きている場合や
ひどい水ぶくれなどが生じている場合にはオロナインは使用せず、
速やかに病院に行って処置してもらってください。

オロナイン自体は非常に幅広い症状に対して効果的ですが、
皮膚炎などの重度の症状には効果は立証されていません。

場合によっては逆効果となることもあり得ますので使用時には十分に注意してください。

オロナインは敏感肌には効果的?

2015-08-02-1c

オロナインには色々な症状に対して効果を発揮していますが、
その一つとして敏感肌効果的と言われています。

お風呂上がりの乾燥した肌に対して、オロナインに水を少し混ぜて
乳液状にした液を擦り込む事によって肌への炎症や赤みを防ぐ効果があるのです。
例えばお出かけ前など、日焼け対策の一つとしてオロナイン液を先に身体に擦り込むというのもいいかも知れません。

日焼け対策の方法としてオロナインは効果的かと言われたら効果はありますが
特別にオロナインだけを勧めるわけではありません。
すぐに対処できる方法の一つとしてオロナインはとても有効な方法ですが、
やはり日焼けの後の対応としてはまず氷水などで十分に冷やす事が肝心です。

そしてその後は症状を自己判断せずに、行ける時に早めに病院に行って
的確な処置を取ってもらう事が何よりも安心な対処法です。
症状の程度によっては皮膚炎などの重傷な日焼けを起こしている場合もありますので、
決して素人判断でオロナインの処置だけを行って後は放置するというような事はやめておきましょう。