一年のうちで最も日焼けをしやすい時期は5月から7月がピークと言われています。
この時期になるとプールや海に出掛けたくなりますよね?

もちろん、女性の方はしっかりと日焼け対策をして出掛けると思いますが、
男性などは少し焼けてるくらいの方が健康的で良いという感覚さえあります。

日焼けって体に良いのでしょうか?
もし、酷い日焼けをしてしまったら治療の為にどんなお薬が効くのでしょうか?
今回は日焼けについて考えていきましょう。

日焼けは少しくらいなら健康的?

2015-06-20-1b

まず、いきなり答えからいきますが、
少しの日焼けは健康的で良いというのは大きな間違いなのです。
日焼け自体は肌にとって全く良いところがないという事を覚えておきましょう。

日焼けの種類として日光皮膚炎と呼ばれるものがあり、日光を浴びて皮膚が赤くなったり
褐色になったりする日焼けの事です。
それともう一つ、日光に当たることで皮膚炎を誘発する光線過敏症というものがあります。
いずれも太陽から出される紫外線の刺激を受けることで起こる日焼けです。

日焼けは紫外線が原因

紫外線とは太陽の光に含まれる電磁波の事です。
その波長にも種類があり、波長の長い紫外線A波と波長の短い紫外線B波とがあります。

波長の短いB波の方は地球を取り囲む大気中の酸素や
オゾン層によってほとんど吸収されてしまいますので、
人が浴びている紫外線の90パーセント以上
紫外線A波で残りの10パーセント程度が紫外線B波という事になります。

その中で地上まで届く紫外線A波とB波が日光皮膚炎の原因となります。
日焼けの種類の分別は日光に当たる時間、
露出して日焼けした部分の赤み水ぶくれという症状から
簡単に日光皮膚炎なのか光線過敏症かの診断ができます。

皮膚が露出した部分だけに発疹ができている場合には光線過敏症を疑います。
日焼けをしてしまったと感じたら自分で冷やしたりすることも大切ですが、
まずは早めに皮膚科を受診する事が大切です。

日焼けの治療法は?

日常生活では日焼け止めクリームなどで普段から日焼け対策をしていても
知らない間に日光に当たっていて部分的に日焼けをしてしまう事が良くあります。

特に女性は日焼けには人一倍に気を遣いますが、
運転をしている時などにドア側の右腕に少しの露出があったとしても
簡単に日焼けを起こしてしまいます。
最初は軽い日焼けの症状として火照りを感じます。

火照りが出ている時の治療としては
まず冷たい濡れタオルなどで火照りの部分を冷やす事が効果的です。

時間があれば一、二時間くらい冷やしておくとこの後の症状も随分と変わりますが、
冷やした後は保湿ローションなどで火照りが起こった部分の肌の乾燥を防止しましょう。

アロエがやけどに効くことは有名ですよね。
日焼けもやけどですから、日焼け後の保湿にはアロエがオススメです。
自宅にアロエがあるという場合は、果肉のヌルヌルをそのまま塗れば
天然の無添加ローションになりますよ♪

次にもう少しひどい日焼けをした場合には早めの病院での治療が必要です。
それでもすぐに行けないという場合には熱を帯びてヒリヒリした患部に冷たい氷水などをあてがいます。

後は自己判断で薬を選んでも良いでしょうが、
酷い日焼けの場合は後で水ぶくれなどの症状が出る事もありますので、
病院に行く時間が出来ればとにかく皮膚科に行かれる方が賢明です。

治療に使う薬は?

治療薬は皮膚の痛みや炎症に応じて使用します。

種類としては非ステロイド性消炎鎮痛薬副腎皮質ステロイド薬を使います。
場合によって日焼けが体全体に起こっていたりして薬を塗るだけでも痛みが強すぎて
軟膏を塗ることさえ出来ないような時には、上から簡単にふりかけるようなスプレータイプの薬を使う場合もあります。

日焼けした皮膚は早急な対応をしておけば数日のうちに自然に治り始めますが、
皮膚の炎症や水ぶくれなどが完全に治って皮膚が元に戻るには数週間はかかります。
そして炎症が治まった後も皮膚は乾燥した状態になっているので、
化粧水や乳液などで水分と油分を補うことが保湿しておくことが必要です。

また水ぶくれができた場合での自分自身での対応をする場合、
水ぶくれが破れてしまったら入浴後に消毒して破れた部分からばい菌などが入らないように清潔にすることが先決です。

もちろん感染をおこすと治りにくくなるからです。
水ぶくれが破けないように氷枕やアイスパックなどで冷やすのがよいでしょう。

ただし、出来ればある程度の自己処理が終われば皮膚科に行って診てもらうのがベストです。

日焼けの予防対策

2015-06-20-1a

何よりも大切なのは日焼け予防、防止することです。
特に日焼けしやすい時間帯を見ていくと1年の中で紫外線の量が多い時期というのは4~9月くらいです。

1日のうちで紫外線量が多いのは午前10時頃~午後2時頃

ということは、もし外出するならば、できるだけこの時間帯を避けるようにしましょう。
どうしても外出しなければいけないという時には日傘やツバの広い帽子を被ったりサングラスをかけて対策しましょう。
もしくは薄めでも長袖の上着などを着て肌を露出しないように注意しましょう。

特に部分的に鼻や首筋あたりは日光に当たりやすい部分ですので万全の対策をして下さい。

また、海水浴などに出かけた時だけではく、
洗濯物を干したりちょっと買い物に出かけたりする時だけでも日焼け止めを塗る方がよいでしょう。
日焼け止めは汗で流れ落ちることなどがありますので、
落ちた場合には塗り直す面倒がありますが、
面倒と思わずに肌の為に行う事が何よりの予防です。

次に意外に感じられるかも知れませんが屋内での日焼け予防も大切です。
紫外線は窓ガラスをすり抜けて部屋に降り注ぎます。
そのため部屋の日差しが強い場合には
窓ガラスに紫外線をカットするフィルムを張って対応したり、
軒にひさしをつけるなどの工夫と対策をしてみましょう。

摂取することによる日焼け予防

日焼けに強い体を作るにはビタミンCビタミンE
そしてβカロチンなどが含まれる食品を摂取する事が良いと言われています。

特に紫外線によるシミしわ、皮膚ガンなどにならないようにするためには
活性酸素の働きを抑えるような食材を食べるととても効果的です。
活性酸素の働きを抑える食材としては
果物や大豆、ほうれん草などビタミンCやビタミンE、βカロチンなどが豊富です。

本来ならば食材を使って良く噛んで身体に吸収させる事が一番良いのですが、
普段の食事で不足しがちな物は吸収率こそ低いですがサプリメントで補うのも一つの方法です。