年を重ねれば、程度の差はあっても誰でもが、白内障になると言われています。
では、「白内障」とはどんな病気なのでしょうか?
また、予防することは出来ないのでしょうか?

「目」の健康に高い効果があると言われる「アスタキサンチン」は、
果たして白内障に効果があるのでしょうか?

白内障という病気

白内障とは、目の中にある水晶体が白く濁る病気の事を言います。
水晶体は直径9mm、厚さ4mm位の凸レンズの様な形をしていて、
視界が歪まないように光の屈折を調節して、網膜のレンズに映す役割を担っています。

また、水晶体の厚みを変えることでピント調整を行っています。
この水晶体が濁ってくると外からの光が届きにくくなる為に、様々な症状が出ます。

白内障の原因

白内障の最大の原因は加齢による老化現象です。
白内障患者の約9割は、老化現象から来る加齢性白内障です。

早ければ、40歳代から徐々にはじめり、80歳代になる頃には、
ほぼ全員が白内障の症状が見られると言われています。

この事から、白内障は「年配者の病気」という印象が強いのですが、
最近は他の目の病気や糖尿病、アトピー性皮膚炎などが原因で、
若い人も白内障になるケースが増えてきていますので、
「まだ若いから」と安心していてはいけません。

白内障の3つのタイプ

白内障は水晶体が濁る場所によって、3つのタイプに分類する事が出来ます。

皮質白内障

水晶体の周りを縁取っている皮質から濁り始めるタイプで、
濁りが外側からはじまり、ゆっくりと進行していきます。

自覚症状はあまりなく、気付きにくい傾向にあります。

核白内障

水晶体の中心に位置する核の部分から濁り始めるタイプで。

水晶体が厚く硬くなることにより、光の屈折が強くなる為に
一時的に近くのものが良く見えるように感じる事があります。
病状が進行するに従い、視力が徐々に低下していきます。

後嚢下白内障

水晶体の裏側にある後嚢(こうのう)と接している部分から濁っていくタイプで、
視力の低下が早く進むのが特徴です。

また、明るい所では、まぶしく感じて見えにくくなります。
糖尿病で起こりやすくなる白内障です。

目の症状についてはこちらの記事もご参考に!

白内障の治療

白内障の症状が現れ始めても、すぐに目が見えなくなるわけではありません。
症状が軽い間は経過観察や進行を遅らせる為に点眼薬治療を行います。

症状が進行して、日常生活に支障が出るようになったら、手術を行います。
濁った水晶体を取り除き、代わりに人工のレンズを入れます。

一度手術を受けると、生涯白内障の手術を再度する必要はありません。
近年では、多焦点眼内レンズ(遠近両用白内障手術)が登場して、
老眼治療も兼ねて早めに手術を受けられる方も増えています。

酸化を防いで白内障予防

白内障は水晶体が濁る事で起こる病気です。
水晶体が濁る原因の一つに、水晶体を構成するたんぱく質が酸化して起こる変質があります。

酸化が起こる原因に紫外線がありますので、UVカット効果のあるレンズを使った
サングラスを掛けたり、つばの広い帽子をかぶるなどして、水晶体の酸化を防ぎます。

また、体内の活性酸素の増加も、水晶体に含まれるたんぱく質の酸化に関係していると
考えれられているので、食事で抗酸化物質を摂るようにすると効果が期待できます。

白内障に効く「アスタキサンチン」

アスタキサンチン」は脂溶性色素である「カロテノイド」の一種で
サケなどの魚介類に多く含まれる赤色の色素成分です。

カロテノイドには、抗酸化作用があるのですが、
その中でもアスタキサンチンの抗酸化作用はトップクラスを誇り、
βカロテンの5倍、ビタミンEの1000倍、ビタミンCの6000倍とも言われています。

白内障の原因である水晶体の濁りは、水晶体のたんぱく質の酸化が原因ですので、
酸化を防ぐ効果の高いアスタキサンチンは、白内障の予防効果が期待できると云う訳です。

まとめ

2015-08-13c-2

誰しもが、年を取ると白内障になるのは老化現象の一つですので、
自然の摂理として受け入れる必要があります。
現在は医学が発達したおかげで、白内障の手術をすれば治癒する事が出来ます。

しかし、安全だと言われている白内障の手術ですが、
「恐いものは、やっぱり怖い」と思われる方もいらっしゃると思います。
(私は、「恐いです」)

出来れば、白内障の手術をしなくても良いように、白内障予防にも効果がある
アスタキサンチンをしっかりと摂りたいものです。

アスタキサンチンは、サケ、エビ、カニ、いくらなどに多く含まれていますが、
毎日魚介類ばかりを食べては食事のバランスが悪くなり本末転倒ですので、
野菜をたっぷり摂る等、バランスのとれた食事を心がけるようにしたいものです