汗をかくことは決して悪いことではないのですが、汗をかいて寒気を感じてしまったり、
暑くないのに汗をかいてしまったりすることに悩まされている方もいるのではないでしょうか。

発汗悪寒を繰り返してしまうのは、
病気である可能性もあるということを知っていましたか?

「汗をかいたり、寒気を感じたりすることが病気と関係しているのは心配」という方もいると思います。
そこで今回は、発汗と悪寒を繰り返してしまう原因やその対処法について紹介していきたいと思います。

発汗と悪寒を繰り返すのは、自律神経の病気かもしれない

寒気がするのに汗もかいてくるというように、発汗と悪寒が繰り返しある場合には、
自律神経失調症に陥っている場合があります。

自律神経が乱れている時には、汗をかきながら悪寒があるということがあります。
自律神経には、緊張や興奮をつかさどる交感神経と、
休息やリラックスをつかさどる副交感神経がありますが、
これらのバランスが崩れてしまうことで、体に異変が表れるのです。

その1つの兆候が、発汗と悪寒を繰り返すということになるのです。

また、自律神経失調症以外にも、「低血糖症」を引き起こしている可能性もあります。
低血糖症というのは、血糖値が正常値よりも低くなってしまっている状態のことをいいますが、
症状が進行してしまうと、悪寒や発汗といった症状が表れます。

低血糖症の場合は、そのまま放置してしまうと、意識障害を引き起こしたり、
命に関わったりすることがあるので、発汗や悪寒があっておかしいと感じたら、病院で診てもらいましょう。

一般的には、発汗や悪寒を繰り返すときは、体調不良や風邪の症状を疑う方が多いでしょう。
体の中にウイルスが侵入して風邪を引いてしまった場合には、
ウイルスに対抗するために体は熱を発生させるのですが、そのときに悪寒を感じることがあります。

また、熱があるときには汗が出ることもあるのは、ご存じだと思います。
つまり、発汗や悪寒というのは、体調不良を知らせているものでもあるのです。

女性が発汗や悪寒に悩まされるのはホルモンバランスが関係している

また、女性が発汗や悪寒に悩まされることが多いのは、
自律神経ではなくホルモンバランスが乱れることが原因とされています。

女性は生理があることによって、ホルモンバランスが変化する時期があるために、
発汗や悪寒に悩まされてしまうのですが、特に更年期になると多汗に悩まされることが多くなります。

更年期障害になってしまうと、
ホットフラッシュという汗をたくさんかいてしまう症状が表れることがあります。

これはホルモンバランスの乱れによって、
自律神経のバランスまで乱してしまい、悪寒や多汗といった症状を引き起こすのです。

更年期という時期は、女性が避けては通れない時期ですが、症状を悪化させないためには、
病院を受診したり、ストレスの少ない生活を送るようにするといいでしょう。

発汗や悪寒の原因になる更年期障害について、詳しく知りたい方は、
こちらの動画をご覧ください。

こちらの記事でも更年期障害について詳しく説明しています。

悪寒があるときには安静にすることが第一

悪寒があるときの対処法としては、「暖かくして安静にする」ということが1番に挙げられます。
悪寒があるときというのは、発熱が起こる可能性があるので、部屋を暖かくして体を休ませることが大切です。


https://twitter.com/tenmama0811/status/878972218742521856


悪寒があるときに、暖かくして安静にしていると良くなってくるという方が多くいるようです。
症状を悪化させないためにも、早めに安静にすることが大切ですね。

また、悪寒を感じて、熱が出てきた場合には解熱鎮痛剤を使って、
一時的に熱を下げる方法をとることもできますが、
激しい頭痛や意識障害などの症状もあるような時には、すぐに病院へ行って医師の診察を受けましょう。

汗には良いものと悪いものがある!

「汗をかくのはいいこと」と言われているように、汗をかくことは決して悪いことではありません。

しかし、病気の前兆となるような悪い汗もあるため、その違いを知っておきたいと思う方も多いでしょう。
良い汗と悪い汗の違いは、汗の粒の大きさやサラサラ感、しょっぱさがあるかどうかということで見分けることができます。

良い汗は、汗の粒が小さく、サラサラしていて蒸発しやすいという特徴があります。

また、舐めてもしょっぱく感じません。
一方、悪い汗というのは、汗の粒が大きくて、ベタベタしています。
舐めたらしょっぱく感じるというのが特徴です。

汗がしょっぱいというのは、塩分やミネラルが体の外に出てしまっているということなので、
そのままにしておくと熱中症になりやすくなってしまうので、
塩分やミネラルの含まれるスポーツドリンクなどを飲むといいでしょう。

良い汗をかくには入浴法を変えるといい!

入浴法を変えるだけで、良い汗がかけるようになるというのは嬉しいですよね。
良い汗をかくための入浴法とは…

  1. 浴槽に風呂いすを入れる
  2. いすに座って、座したが浸かる程度までお湯を張る(お湯は42度)
  3. 両手の肘から先と膝下を10~15分浸ける

一言で言えば、半身浴ですね。
この入浴法をするときに、お湯にお酢を加えることで効果がアップするのでオススメです。

ただ、体質はすぐには改善することができないので、
良い汗をかけるようになるまでは、汗の嫌なにおいに悩まされてしまうと思います。

そんなときには、デオドランドを使うことで、汗のにおいや汗を抑えることができます。

良い汗をかけるようになってきたら、デオドランドをやめていけばいいのです。

まとめ

  • 発汗と悪寒の原因は、自律神経失調症や低血糖症などの病気である可能性がある
  • 女性は更年期になると発汗や悪寒に悩まされることが増える
  • 発汗や悪寒は、体調不良を示していることもある
  • 悪寒があるときには、暖かくして安静にすることが大切
  • 良い汗はサラサラしていて、しょっぱくない
  • 良い汗をかくには半身浴をするといい

今回は、このようなことについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

発汗や悪寒の原因が病気にあるとしたら、怖いと感じる方もいると思いますが、
自分の体がいつもと違っていておかしいと感じたら、早めに病院にかかるといいでしょう。