年末年始は特に忘年会新年会で、飲み会が続くこと多いですよね。
もちろんお酒が得意な人であれば嬉しい限りですが、
あまりお酒が強くない人は翌日二日酔いで気分が悪くなることもしばしば。

それが続くってつらいですよね。

でもせっかくだからこそ飲み会が楽しめるように、
事前に二日酔い対策をしておけば二日酔いの心配なくお酒を飲めますよ。
今二日酔い防止に注目されているのが、ヘパリーゼなんです。
ヘパリーゼについて詳しくご紹介していきます。

二日酔いの原因と症状は?

2015-12-10b-2

お酒を飲んだ翌日の朝など、二日酔いという言葉を使うことが多いですが、
二日酔いの具体的な症状ってどんなものでしょうか?

二日酔いは、そもそも翌日の朝に症状が出るものと思われていますがそうではなく、
夜お酒を飲みすぎて、頭痛めまい、吐き気がある症状はすでに二日酔いです。

また、それ以外の症状としては、体が熱いようなほてりであったり、
異常にのどが渇いたりなども二日酔いの症状ですよ。
でもどうしてお酒を飲みすぎると二日酔いのような症状が出てしまうのでしょうか?

それはお酒の中に含まれる、アセトアルデヒドという物質が原因です。
人はお酒を飲むと、お酒のアルコールを肝臓の中で分解します。
その時に出るのが、アセトアルデヒド。

お酒も適量であれば、アセトアルデヒドは肝臓で処理されるのですが
過度に飲み過ぎてしまうことで、アセトアルデヒドを処理しきれなくなります。
アセトアルデヒドは、吐き気頭痛などを引き起こさせるものなので、
お酒を飲み過ぎると二日酔いの症状が出てしまうのです。

二日酔い防止のヘパリーゼって?

二日酔いのための薬というと、最近ではヘパリーゼという名前を聞くことも多いですよね。
でも、ヘパリーゼとはどういったものなのでしょうか?
ヘパリーゼとは、ゼリア新薬というところから販売されているものです。
錠剤からドリンクタイプなど様々な飲み方が出来るように開発されています。

ヘパリーゼの効能とされているのは、滋養強壮、栄養障害、胃腸障害、病中病後
肉体疲労、虚弱体質、発熱性消耗性疾患、妊娠授乳期などの栄養補給となっていて、
必須アミノ酸8種類とそれ以外に10種類アミノ酸
核酸の合成材料などが含まれているので栄養補給としてもサプリメント化されています。

肝臓滋養強壮に効果が期待できるために、二日酔いの防止に効くということで
CMなどでもよく目にするものになりました。

ヘパリーゼは飲むタイミングがある!

二日酔いしないためのヘパリーゼの飲むタイミングがあります。
それが、お酒を飲む30分前です。
実際に、ヘパリーゼをお酒の前に飲むようにしてから二日酔いがなくなった
とか酔いがまわりにくい、などの効果を実感している人も多いようですよ。

ちなみに、ヘパリーゼは錠剤であれば1日3錠まで、ドリンクであれば1日1本までと
使用量が決められているので、飲み方には注意してくださいね。
ヘパリーゼをお酒を飲む前に飲み忘れてしまった、という場合でも寝る前に水などで
飲むと二日酔いの症状が治まるという場合もあるようですよ。

二日酔い防止は他にある?

ヘパリーゼも二日酔いに効果がありますが、ドラッグストアでしか手に入らないので
急な飲み会の場合、手に入らないということもあります。
その場合、他にどんな二日酔い防止法があるでしょうか?

空腹で飲まない

お腹が空いている状態でアルコールが体に入ると、
肝臓はアルコールの処理がうまく出来ず悪酔いしてしまうことが多いです。
さらに、消化器官ではアルコールだけを吸収してしまうので、
血中アルコール濃度も高くなり急性アルコール中毒だって最悪考えられます。

そのため、お腹を空かした状態ではなく何かお腹に入れてからお酒は飲むようにしましょう。
ヨーグルトチーズ、牛乳などの乳製品は胃の粘膜
守ってくれる働きがあるので、お酒の前にはおすすめです。

脂肪分

脂肪分ときくと、抵抗を感じるかもしれませんが、
体は脂質を摂取するとなかなか消化されません。
胃腸の中でかなりゆっくりと消化されていくので、
その間にお酒を飲むとお酒の吸収も必然的にゆっくりとなるのです。

そのため、二日酔いになりにくくなるのです。
ノンオイルではないドレッシングがかかったサラダや、
揚げ物などを食べておくと良いですよ。

クエン酸

クエン酸は、あまり知られていませんが肝臓の機能を促進してくれる働きがあります。
そのため、アルコールの処理力も高まるためお酒を飲む前に
クエン酸を摂取しておくことをおすすめします。
柑橘系の果物が一番ですが、すぐに食べられない場合には梅干しなども効果的ですよ。

炭酸系のお酒は避ける

ソーダ割りをはじめ、ビールなど炭酸が入っているお酒にはアルコールの吸収を促進させる働きがあるのです。
さらには、体にも残りやすいという特徴もあることから、
1杯くらいならいいですがあまり炭酸系のお酒は飲まないようにしましょう。

まとめ

Hipster girl blowing confetti from hands

二日酔いは次の日の自分の体調へかなり影響を与えてしまうものですし、
なかなかお酒が抜けないと翌日1日気分がかなり悪いまま過ごさなければいけません。
だからこそ、お酒を飲む前に二日酔いの防止策をしておく必要があるのです。

その代表としてヘパリーゼは手軽に飲むだけで効果が期待できるので、
特に忘年会新年会シーズンの年末年始には常備しておきたいものですね。
使う機会が多いのであれば、錠剤の方がお得なのでぜひ錠剤を用意しておきましょう。