暑い夏にクーラーは欠かせませんよね。
特に近年は温暖化のせいでかなり暑くなることが多く、
熱中症にならないためにもクーラーは夏の生活必需品といえます。
ですが、このクーラーによって病気になってしまうこともあるんです。
ではクーラーによって引き起こされる病気は一体どういったものなのでしょうか?

クーラー病とは?

2015-07-19-1b
その名の通りクーラーが原因となって起きる病気です。
冷房病とも呼ばれることもあります。
でもどうしてクーラーが原因で病気になってしまうのでしょうか?
通常夏は暑いため、私たち人間は体内で熱を発するのを抑えます。
さらに、体の外へ熱を放出するために毛細血管を広げて汗をかきやすくしているのです。
これが夏の人間の体の構造です。
夏に気温が上がって暑くなっても体がそれに対応できるようになっているのです。
ですが、クーラーの下においてもその夏の体質は急には変わりません。
そのため、クーラーで室温が下がっているにも関わらず毛細血管を広げ、
体外へ熱を出そうとしてしまうため体が冷えすぎてしまうのです。
そこに加え、室内と室外の気温差がかなり激しいため人間の自律神経が乱れてしまうのです。
自律神経は体の温度を調節したり、汗を出したりなどを調整する役目があるため
この自律神経が乱れることはがより体を冷やしてしまうのです。
これがクーラーによって引き起こされていますクーラー病原因なのです。

くしゃみや鼻水など風邪の症状に似ている!

ではクーラー病になったな、とすぐにわかるものなのでしょうか?
実はクーラー病の症状は、非常に風邪に似ているため、風邪だと勘違いしてしまう人が多いです。
その症状がくしゃみや鼻水、鼻づまりといったものです。
実際に風邪を引いても、こういった症状が出るため、くしゃみや鼻水が出ると
「風邪かな?」なんて感じる人が多いのです。
すでにご紹介した通り、クーラー病は自律神経の乱れが原因です。
くしゃみや鼻水も同様の原因で引き起こされるため、
自律神経が乱れた状態だと自然とくしゃみ鼻水が出てしまうのです。
そのため、夏場くしゃみや鼻水が出たら必ずしも風邪というわけではないということを理解しておきましょう。

クーラー病のそれ以外の症状とは?

クーラー病は、体の冷えと自律神経の乱れによるもの。
そのため、症状も様々なものが現れます。
まず風邪のようなくしゃみ鼻水といった症状から始まり、足腰が異常に冷える、
倦怠感、何もしていなくても肩こり、頭痛、めまい、食欲低下、
下痢、不眠などなどが引き起こされることがあります。
倦怠感がひどくなって嘔吐を引き起こすこともあるといわれています。
また女性であれば、クーラー病によって血行不良になるため生理不順肌荒れなども引き起こされることがあるのです。
妊娠中などにクーラー病になると冷えによって赤ちゃんへの影響も心配されます。

こちらの記事もご参考に!

クーラー病を予防するには?

色々な症状を引き起こすクーラー病。
クーラー病になる前に、まずは予防することが大切です。
クーラー病の予防法とは一体どういったものがあるのでしょうか?

クーラー病予防法1…クーラーの使用方法

クーラーの設定温度をまず見直す必要があります。
室内と室外の気温差が激しいことで自律神経の乱れを引き起こしてしまうので、
室内と室外での気温差があまり出ないようにすることが大切です。
そのため、クーラーの温度は25~28℃が最適。
人によって気温の感じ方も違うので、寒いと思わない温度に設定することが大切なのです。
また人に直接当たらないようにするなどして、体を冷やさないということもポイントです。

クーラー病予防法2…体を冷やさないようにする

クーラーの使用の仕方は自宅では調節できますが、職場では結構難しいこともありますよね。
男性社員が多い職場だと女性にとっては寒いと感じてしまうほどになることもります。
そういった時には体を冷やさないような工夫をすることが大切です。

腹巻きをしたり、ブランケットを用意しておいたりするだけでもかなり違います。
足元を冷やさないことも大切なので、靴下やレッグウォーマーも効果的です。

クーラー病予防法3…冷たいものを食べ過ぎない

夏は暑いためどうしても冷たいものを選んで食べてしまいがちですが、
それだと体の中から体を冷やしてしまうことになります。
特にクーラーがかかっている室内では特に冷たいものを食べることはおすすめできません。
クーラーの下でこそ、体を温めてくれる食べ物を積極的に摂取する必要があります。
体を温める代表である生姜をはじめ、ねぎやにんにく、たまねぎ、
とうがらしなどを食事に取り入れるようにしましょう。

クーラー病予防法4…血行を良くする

体を冷やさないためには血行を良くすることが大切です。
予防法3の体を温める食べ物も血行を良くしてくれるものですが、普段の習慣でも意識することが大切です。
夏は暑いのでどうしてもシャワーだけで済ませがちですが、
湯船にしっかりとつかることで血行が良くなりますし、簡単な運動を取り入れるだけでも血行が良くなります。
暑くていやだな、と思っても意識して取り入れるだけで体の冷えを防止することが出来るのです。

まとめ

2015-07-19-1c
クーラー病は風邪と勘違いしやすいため、軽く考えてしまいがちですが
悪化すれば食欲も低下し、嘔吐を引き起こすこともあります。

特に食欲が低下することで体力も低下し、
夏バテにもつながってしまう可能性があります。
そのため、クーラー病にならないように予防するようクーラーとの付き合い方や普段の習慣を見直してみてください。