こんな症状になっている方はいませんか?
鼻づまりから鼻声になったり、粘っこくて黄や緑の色のついた
膿の臭いのする臭〜い鼻汁が大量に出たりする。

鈍痛タイプの頭痛や頬の辺りにいや〜な感じの痛みが現れる。
これは実は副鼻腔炎の兆候なんです。

蓄膿症ってどんな病気?

2015-08-04-2b

副鼻腔炎、またの名を蓄膿症と言いますが、これは鼻の奥に副鼻腔という空洞があって、
その部分の粘膜が炎症を起こしている状態の事をいいます。

副鼻腔炎を起こすと空洞の中に膿がたまってしまうので蓄膿症とも呼ばれているのです。
この病気は多くの場合、インフルエンザウイルス肺炎球菌による感染などが原因とされています。

風邪などを引いて免疫力が低下してくると副鼻腔粘膜に感染して発症しやすくなります。
これは副鼻腔が中で四つの空洞に分かれていて、小さな通路で鼻穴につながっているので
炎症部に近い部分に痛みが現れます。

上顎洞は頬の下にあり、ここに炎症が起こると痛みを感じやすくなります。
篩骨洞は目と目の間にある部分で、眉間や目の奥痛みを感じます。
鼻穴の奥にある蝶形洞や額にある前頭洞での炎症などは主に頭痛の原因になります。

つまりは炎症が起こる場所によって症状や痛み方も全然違うという事です。
他にも特徴的な症状としては眼精疲労集中力の低下、そして全身の倦怠感など。

他にも食べ物の香りや味がわからなくなる、無呼吸症候群を引き起こしやすくなるといった症状です。

蓄膿症は風邪に似ている?

蓄膿症は風邪の症状によく似ています。
このため蓄膿症になっていても風邪が長引いているとか
疲れが溜まっているなどと勘違いして、状態が深刻になるまで気付かない人が多いのです。

蓄膿症は風邪を悪化させた事から発症するケースが最も多いのですが、
長期にわたって風邪薬を服用し続けても蓄膿症が治るはずがありません。
蓄膿症というのはその名の通り、が鼻の奥に溜まることが原因となっています。

膿が溜まった鼻水と言うことで独特の異臭を放つのも特徴なので
少しでも足裏の臭いのような異臭や違和感を感じた場合には蓄膿症を疑わなければいけません。

異臭の鼻水はもちろんの事ですが頭痛不眠といった症状も同時に出てくると、
さらに蓄膿症の疑いが強くなります。

状態が最悪の場合には手術という事もありますので
早めに病院での診断を受ける事をお勧め致します。

軽度な鼻づまりの対処法として、鼻うがいがオススメです。

このような専用のポットに250ccの水に対して、塩2g強を入れる。
それを片方ずつ鼻の穴に流し込むだけ。
塩水が鼻の中の汚れやウイルスを流してくれ、鼻づまりが解消される場合もあります。

蓄膿症の対処法についてはこちらの記事もご参考に!

蓄膿症と不眠

最近、3人に一人や5人に一人は不眠に悩んでいると言われていますが、
その不眠の原因は様々です。

不眠は日常的な注意で改善できるケースもありますが、
場合によっては自分自身ではどうしようもなく、治療が必要なものもあります。

時には眠れない事を気にするあまりに他の病気を引き起こす事だってあります。
不眠の主な種類としては寝つきが悪くてなかなか眠れないが、
いったん寝てしまうと朝まで眠れるというタイプのもの。
特に最近の若者に多いです。

次に寝つきなどは問題なくてすぐに眠れるが夜半に目が覚めてしまう
睡眠時無呼吸症候群などで起こりやすい。
他にも朝早くにが覚めてしまい、その後はなかなか寝付けない。
うつ病などで特徴的に起こりやすい症状です。

もう一つ、眠りが浅くて夢ばかり見てしまい、朝起きた時に十分に眠った気がしない。
特に中高年の方に多い症状です。

これらの不眠の種類の中で特に蓄膿症と関係があるものがあります。
それは睡眠時無呼吸症候群によって起こる睡眠障害です。
蓄膿症によって溜まった膿が寝ている間に呼吸を妨げてしまい、
眠れない状態やすぐに息苦しくなって起きてしまうという場合が多いのです。

蓄膿症になりやすい鼻の形がある?

蓄膿症に苦しむ人達の特徴的なデータから見ると、
蓄膿症になりやすい人にはよく似た鼻の形があることがわかってきました。
その形とは鼻の真ん中に鼻中隔という軟骨が鼻の左右のしきりになっているのですが、
その鼻中隔が左右のどちらかに曲がっている人がなりやすいと言われています。

これは曲がっている事によって上顎洞に通じる穴を塞ぎやすくなるからです。
これが成人の日本人8割を占めるというのですから、
鼻の歪みで蓄膿症になる人が多くても納得できるような気がします。

なぜ歪みが出来るのかは人によって様々だと思われますが、
簡単な理由の一つとして横向きに寝た場合などに鼻を圧迫してそれにより
徐々に歪んでいったという場合もあります。

それでは簡単な鼻の歪み確認のテストをしてみましょう。
やり方は簡単で鼻の穴を片方ずつ指で塞いで呼吸をしてみて、
どちらかの鼻の穴の通りが悪ければ蓄膿症になりやすいお鼻だと言うことです。

ただし、このテストも普段から鼻水が出やすい人や、
その日の体調によっても鼻の通り方は違いますので数時間ごとに
何回か調べてから歪みを確認した方がいいでしょう。

蓄膿症の治療法

2015-08-04-2c

蓄膿症治療法ですが、昔は口の中を裂いてドリルなどで
穴を開けたりするという無茶な方法があったようですが、
最近の治療法としては内視鏡を使った手術が一般的で、
数時間の楽な手術になったそうです。

もちろん、軽度な症状の場合には薬投与での治療で大丈夫です。
症状的に軽い場合には2、3ヶ月投薬治療でも症状は改善されると言われています。

蓄膿症の症状により、なかなか早期に発見して治療できない事が多いので、
気付いた時には手術しか方法がなかったという事はよくあります。
息がし難い、頭痛、顔の痛みなど、少しでも蓄膿症が疑われたら
まずは病院で検査して早めの対応ができるようにしておきましょう

蓄膿症を起こした人は起きていても鼻に膿が溜まって呼吸する事が困難になることがあります。
その為に寝ている間に鼻づまりを起こして無呼吸症候群を起こしたり、
睡眠障害を引き起こすきっかけとなるという事は理解できましたでしょうか?

そうなると不眠だけの治療を進めても結局は蓄膿症自体を治さないと効果がありませんし、
また同じように鼻水が溜まって不眠の原因となります。

そうならない為にもまずは不眠症に対する治療を行いながらも
蓄膿症の治療も同時に進めていく必要がありますので
頑張って根本的な治療を目指していきましょう