余分なお肉が付いているだけじゃなくて
むくんでボコボコの肌にしてしまうセルライトは女性の大敵です。

セルライトを落とすにはまず温める事が必要です。
ホッカイロやお湯を入れたペットボトルでセルライトを温めて
落としやすい状態にして運動をする事で余分な老廃物や脂肪を落としてセルライトを解消しましょう。

セルライトってどうして出来るの?

2016-07-15b

セルライトが出来る一番の理由は体液の流れが悪くなる事です。
セルライトの出来る部分のほとんどは足ですが、
これは元々足という部位は血流やリンパの流れが下りるのは簡単でも戻るのが難しい位置にあるからなのです。

一度下りた血液やリンパ液が身体の中心部へと戻るには
筋肉というポンプの力を使います。

この際、脂肪や老廃物の回収量と筋肉の活動が吊り合っていれば
無駄な脂肪や老廃物が溜まる事なく自然に回収されるのですが、
このバランスが崩れると段々と流れが悪い部分に脂肪や老廃物が蓄積されていきます。

その脂肪や老廃物が本来の回収ルートから離れて
絡み合った固まりとなってしまったのがセルライトなのです。

これらのセルライトは皮膚の下に蓄積されているので
皮膚をつまむとデコボコの形となって目に見えます。
既に回収ルートから外れていて、しかも固まっているので
このセルライト化した脂肪や老廃物は運動してもなかなか消えてくれないのです。

セルライトを解消するには温める

固まりになってしまったセルライトを解消するには段階を踏む必要があります。
最初に必要なのはセルライトをほぐす事です。

既に回収ルートを離れている上に固まりになっている状態では
どう頑張っても回収されません。
まずはこの固まりを回収しやすい状態にしておく必要があります。

そこで大切なのが温める事なのです。
ほぐせば良いなら揉めば良いのでは?と思うかもしれませんが、
セルライト周辺には元々の回収ルートである血管やポンプである筋肉があります。

強く揉みすぎるとこれらの組織を傷付けてしまい、
そうする事で今度はセルライトがこの組織の修復に伴って巻き込まれてしまう可能性があるのです。

そうなってしまってはもう普通のやり方では解消出来なくなってしまいます。
そこでホッカイロやぬるま湯を入れたペットボトルの出番です。

ホッカイロを貼ったりお湯入りのペットボトルで軽くマッサージしたりして
冷たいセルライト部分を温めて少しほぐした状態にしておき、
周りの筋肉を使って回収、消費出来る脂肪や老廃物を回収、
消費して解消してしまおうという方法が地道ですが効果的とされています。

身体を内側からも温める

セルライトが肥大化する理由の1つが冷えです。
身体が冷えると血流やリンパの流れが滞り、
老廃物が溜まって脂肪と結合してセルライト化してしまうのです。

ホッカイロや温かいお湯のペットボトルなどで外側から温めるのも良いのですが、
内側から冷えを解消する事も大切です。


正にこの通りですね。
特に夏場は外は暑いですが食べる物は冷えた物、
身体は冷房で冷やされるという季節なので実はセルライトが増えやすい時期なのです。

出来るだけ冷たい食べ物飲み物を避けて身体を冷やさないようにしましょう。


こんな風に身体を温める物を食べるようにすると良いですね。
それと身体を温めようとして飲んでいるつもりの温かい飲み物でも
逆に冷えを誘発してしまう飲み物もあります。
コーヒーや緑茶などは実はホットでも身体を冷やす飲み物です。
出来るだけ身体を温める紅茶やココアなどを中心に飲むようにしましょう。

温めるだけじゃ意味がない

2016-07-15c

セルライト解消の為に身体を温めるのは当然ですが、
温めるだけで安心してしまっては意味がありません。
温めてセルライトが緩んだ所で筋肉を動かさなければ回収も消費もされないからです。

放置していれば再びセルライト化してしまうのです。
セルライトを温めて分解の為の下地を作り、
その後運動して筋肉を活動させて老廃物撤去と脂肪のエネルギー化を図ります。

出来ればこの2つの間にリンパや血管の流れを活性化させておきたいので
運動の前にてっとり早く唐辛子などを摂取しておくと良いかもしれません。

セルライトを無くすためのコツは身体がセルライトを分解する道筋を付ける事です。
それぞれをバラバラに行っていてはあまり意味がありません。

ダイエットもそうですが、成功するコツは目的意識がある事なのです。
固まったセルライトはそのままではエネルギーとしては使われる事はまずありません。

最初にエネルギー化するのは柔らかい脂肪なので胸とかお腹とかの脂肪から使われます。
そう、運動して最初に使われてしまうのは胸の脂肪の可能性が高いのです。

更に運動をし過ぎると今度は筋肉太りをしてしまうので、
セルライトを解消したい場合はセルライトに目標を定めて流れを決めて取り組む事が大切です。