何故か毎年、夏から秋口に「夏風邪」が治らずに長引いているとお悩みの方はいませんか?
実は意外と知られていないのですが、夏から秋に起こるブタクサ花粉で起こる
「ブタクサ花粉症」かも知れません。

そんな認知度の低いブタクサ花粉症について、ご説明いたします。

秋の花粉症NO1は「ブタクサ」とは?


ブタクサは北アメリカ原産の雑草で、1m程の高さになる菊科の一年草です。
開花時期7月〜10月頃で、秋の花粉症の原因NO.1です。

日本では、スギやヒノキの次に患者数が多いアレルゲン(アレルギー物質)で、
原産国のアメリカでは、全人口の5〜15%の人がブタクサのアレルギーを持っています。

春先から続いたスギやヒノキの花粉による花粉症が一段落着いた7月下旬頃に、
ブタクサ花粉の飛散が始まり、9月頃から徐々に症状を訴える人が増えていきます。
日本では、木と草の花粉が花粉症を引き起こす原因となっています。

この二種類の原因では、木が1月〜6月ごろ、草は5月〜11月ごろとなっています。

ブタクサの花粉が喉や鼻の粘膜に触れると、身体の免疫機能が異物が侵入したと感知します。
異物を排除しようと、身体の中でヒスタミンの分泌が起こります。
分泌されてヒスタミンにより、血管や粘膜が刺激されてくしゃみや鼻水が出樽、
目が充血して痒くなったりします。

ブタクサの花粉症患者の中には、メロンやスイカ、きゅうりなどの
「ウリ科」の植物を食べると、口やのどが刺激されて痒みを感じる事があります。

これは、ウリ科の植物とブタクサには、
アレルギーを引き起こす共通のアレルゲンがあるのではないかと言われています。

ごく稀な事ではありますが、大量の花粉が一度に体内に入ってしまい
アナフィラキシーショック」を起こす事があるそうです。
最悪の場合は呼吸困難に陥る事もありますので喉が痒く感じられたり、
息苦しさを感じる場合には、特に注意しておく必要があります。

ブタクサについてはこちらの記事もご参考に!

ブタクサ花粉の対処法

ブタクサはスギやヒノキなどの高い樹木ではなく、花の咲く位置も低い為に、
よほど強い風が吹かない限りは遠くまで花粉が飛散することはあまりありません。

ですので、ブタクサなど秋に花粉症を発症する人は、河原や空き地などの
生息地になりそうな場所には近づかないようにするだけでも効果があります。

すべての花粉症に共通する対策はマスクですね。
花粉ブロック率99%のものを選べば、つらい鼻の症状も軽減されそうですね。

基本的にブタクサ等の秋口に起こる草の花粉症の治療も、春に起こるスギなどの木の花粉症と同じです。

アレルギーの症状を誘発するヒスタミンを抑える抗ヒスタミン剤を服薬したり、
粘膜の炎症を抑えるステロイド剤を鼻から噴霧したりします。

抗ヒスタミン剤などは、副作用として眠気が起こりますが、
最近では眠気が起こりにくい薬も開発されています。
症状や体質等によって、薬の効果や副作用も変わりますので、医師と相談しながら薬を服用する事が大切です。

その他に、鼻の粘膜をレーザーで焼くという治療法があります。
コレは、アレルギーに反応する箇所を失くすために、粘膜を焼くのです。
花粉が飛散する前に行うと、薬を服用しなくても、そのシーズンは過ごせるようになります。
ただし、花粉症が完治するのではない為に、効果は約2年程しか持続しません。

また、身体に薄めた少量のアレルゲンを少しずつ注射で入れることで、
徐々に身体をアレルゲンに慣らして体質改善を行う治療もあります。
こちらは、アレルゲンに反応しなくなるので、花粉症を完治させる事が出来ます。
しかし、患者の約3割には効果が期待できないと言われています。

まとめ

2015-08-29c-2

夏風邪が長引くと思っていたら、実は秋の花粉症だったなんて、ショックですね。

ブタクサは、スギなどの花粉症とは違い、ウリ科の植物の食べ物アレルギー
併発しているケースが多く、時には呼吸困難などの酷いアレルギー反応が起こる可能性があるので、

ブタクサ花粉症の人は、一度アレルギー検査をして貰って、ウリ科の植物などに
アレルゲンが無いか特定して貰えば、食物アレルギーを回避できますので、病院で検査をしてもらって下さいね。