治りにくいいぼ痔には馬油が良いって本当!?
馬油に秘められた驚くべき効果とその特徴について徹底的に紹介します!

馬油がイボ痔に良い理由とそのメカニズムについても詳しく解説。
万能薬としても知られる馬油の知られざる力を学んでイボ痔への対策を立てよう!
イボ痔だけでなく火傷やアトピーにも効く馬油の健康効果とは!?

今話題の馬油とは

2015-06-14-1a

今、さまざまな健康効果をもたらしてくれる事で知られる馬油(ばーゆ)が話題となっています。

馬油の歴史は意外にも古く、元々は4000年以上も前に中国で発祥したとされています。
古来より中国では騎馬民族が馬油を使って
戦いで受けた火傷や切り傷、化膿した傷などの治療を行っていたという記録が残っています。

このように昔から治療薬として高い効果を発揮していた馬油ですが、
最近では一般家庭でも馬油を使って傷や火傷の治療を行ったり、
湿疹ひび割れ、水虫、出来物、いぼ痔などの皮膚に関するトラブルを
改善する為に用いる人が増えてきています。

このような馬油は昔から万能薬として扱われてきましたが、
技術が進歩した現代においても「副作用がなく安全に使える薬」として重宝されています。
そのため、最近では健康効果だけでなく「美容効果」を目的として
馬油をヘアケアスキンケアに用いる女性も急増しています。

馬油とは読んで字の如く「馬の脂肪から採取した油」のことですが、
最近ではその優れた保湿効果治癒効果が見直され、さまざまな薬品に使用されるようになってきています。

ちなみに薬や化粧品として用いられる馬油は、
基本的に食用の馬を解体した際に採取される腹部タテガミ部分の皮下脂肪が主な原料となっています。

人が切れ痔やいぼ痔になる理由

最近ではデスクワークの職業が増えたことによってを発症する人が増加傾向にあります。
日本国内では現在、日常的に座りっぱなしのまま仕事をする人が増えてきており、
その影響でお尻や肛門に慢性的なダメージを負ってしまうケースが数多く見受けられます。

通常、四足歩行の動物に切れ痔やいぼ痔などの症状が見られず、
基本的には二足の人間だけが痔を発症すると考えられています。

その理由としては、二足歩行の場合は血流が重力によって下へ流れていくために
肛門周辺がうっ血しやすくなるからだと考えられています。
この肛門のうっ血はデスクワークなどの座り仕事をしていると更に進行してしまい、
肛門周辺の血液循環が滞ってしまう事によってイボ痔を発症し易くなるのです。

そのため、座りっぱなしで運転している長距離運転トラックのドライバー
デスクワークが中心の事務仕事、システムエンジニアのような職業の人は比較的、
イボ痔になりやすいと言えます。

また、女性の場合は妊娠出産をキッカケにイボ痔を発症する人が多いと言われています。
その理由としては、妊娠すると骨盤内に血液が集中して肛門への血流が滞る事
赤ちゃんが成長するにつれて肛門への圧力が高まる事、
便秘になって力む機会が増えることなどが挙げられます。

いぼ痔は馬油で改善しよう!

2015-06-14-1c

現代の日本では切れ痔や、いぼ痔に悩む人が増えてきていますが、
中でもいぼ痔を発症する人は特に多く見受けられます。

その理由は時代と共にパソコンを使ったデスクワークが増えた事で、
座りっぱなしのまま一日を過ごす人が増加したことが主な要因として考えられます。
一般的にイボ痔は座り仕事などの影響で肛門周辺がうっ血し、
括約筋などの筋肉から柔軟性が失われることによって起きると考えられています。

そのため、最近では括約筋の柔軟性を取り戻すために馬油を肛門へ塗り込み、
イボ痔を改善しようと試みる人が増えてきています。

馬油には高い保湿効果治癒効果が認められており、
ティッシュや脱脂綿などを使って肛門の入り口付近や肛門内に馬油を塗り込むことで
イボ痔の辛い症状が改善すると言われています。

つまり、定期的に肛門の内外へと馬油を塗り込むことで括約筋の柔軟性が戻り、
イボ痔を改善していくことが出来るということです。

ただ、馬油だけに頼るのではなく便の硬さを丁度良くするために
納豆やオクラ、山芋のような水溶性食物繊維を多く含む食材を積極的に食べる事も大切です。