花粉症専用の鼻炎薬として知られている、アレグラという薬。
この薬は、最近ドラッグストアでも手に入るようになりました。

しかし、手軽になった反面、他の薬との飲み合わせなどが心配になります。
今回は、アレグラがどんな薬なのかということと、
風邪薬胃薬などと併用する場合について、ご説明します。

アレグラってどんな薬?

2016-02-17b-2

アレグラは、塩酸フェキソフェナジンという一般名を持つ、
アレルギー症状を抑える薬です。
今では、特に花粉症を緩和するための薬として用いられることが多いようです。
もちろん、花粉によるアレルギーだけではなく、その他のアレルギーにも効きますよ。

この薬の特徴としては他の抗アレルギー薬にありがちだった、
「眠気」という副作用がほとんど無いということが挙げられます。
普段から車の運転や精密作業をする人にとっては、薬による眠気は大敵です。
そんな人々によく処方されるお薬です。

このアレグラは、眠気だけではなく、
目立った副作用が少ないということも重宝されるポイントの一つ。
稀に、めまいや吐き気、頭痛などが出ることがありますが、発生率はほんの数%です。

病院で処方されるアレグラと、市販薬のアレグラFXはどう違う?

さて、上記のような効果を持つアレグラですが、2012年から、
今まではお医者さんに処方箋を出してもらわなければ入手できなかったものが、
市販薬として購入できるようになりました。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

この市販薬は、「アレグラFX」という名前が付けられ、
第一類医薬品(薬剤師が常駐している薬局でないと買えない薬)として久光製薬から発売されています。

このアレグラFXは、お医者さんに処方されるアレグラとはどう違うのでしょうか?

これらは実は、全く同じものなのです。
特に、アレグラ60mg錠とは、成分などが同一のものとして販売されています。

つまり、以前に病院でアレグラを出されて効いた覚えがあるのなら、
アレグラFXを自分で買って飲んでも、効果があるということですね。

アレグラのお探しはこちら

アレグラと他の薬を飲み合わせる場合の注意点

さて、このアレグラですが、
アレルギー以外に風邪や胃炎を患っている場合は、
他の薬と併用しても良いのでしょうか。

まず、胃の薬の場合です。
これは、アレグラの説明書きによると、
胃薬の中でも、特に胃酸を抑える制酸剤を含むものとの飲み合わせを避けるべきとのことです。

制酸剤とアレグラを一緒に服用することによって、アレグラの効果が薄まるためです。

また、風邪薬ですが、特に併用が望ましくないと言われているものとして、
抗生物質の「エリスロマイシン」というものが挙げられています。
これは、市販薬にはありませんが、
風邪で病院に行ったときに処方される可能性があるので、
その場合は、お医者さんにアレグラを飲んでいることを伝えましょう。

アレグラは調剤薬局で処方されますし、
アレグラFXも薬剤師がいる薬局でしか販売されていませんので、
購入時に、その時自分が飲んでいる薬を告げて、相談するのが一番ですね。

まとめ

Closeup of a beautiful smiling young woman

いかがでしたでしょうか。
副作用の少ないお薬アレグラとその他の薬の飲み合わせについてご説明しました。

ここでは、アレグラの説明書きにある内容を基にお話ししましたが、
それ以外のお薬なら、どれと一緒に飲んでも大丈夫とは言い切れません。
薬の飲み合わせは、専門的な知識が無い人間が勝手に判断してはいけないものです。

やはり、アレルギー以外にも病気を患っていて、
何かしらの薬を飲んでいるのだとしたら、
お医者さんや薬剤師さんに一度相談するのが確実でしょう。

また、自分で説明するのが難しいという人なら、
お薬手帳にこれまで飲んだ薬を記しておくようにすれば便利です。

やはり餅は餅屋という言葉がある通り、
病気に関しては専門家の指示に従うのが安全だと言えるでしょう。