アムラという果物を知っていますか?
インドで使われているスーパーフルーツで、
様々な病気や美容に効果があるものとして話題になっています。

でも、興味はあってもすぐに手出しできないという人もいると思います。

今回は、アムラがどんな果物か、その効果取り入れ方などについてご説明します。

アムラとは

2016-12-06b

アムラとは、別名ユカンとも呼ばれる植物で、果実が食用として使われます。

インド~東南アジアが原産ですが、
特にインドでは、アーユルヴェーダ三大果物の一つとして古くから使われています。

日本では全くなじみの無い植物ですが、
インドではアーユルヴェーダ関連製品の1/3アムラを使用したものに占められているそうです。

アムラには豊富なビタミンC、ポリフェノール、食物繊維などが含まれ、
食べても、身体に塗っても良いものとして食品、薬、化粧品などに広く使われています。

収穫期にはインドでも生のアムラが出回りますが、
お味の方は渋味酸味が強く、甘味も少ないので日本人には少し食べにくいようです。
https://twitter.com/chiekorori/status/569398917231726592?lang=ja


外国人が梅干しを食べた時の印象に似ているかもしれませんね。

アムラの健康効果

アムラは、下痢便秘の改善、風邪予防や改善、貧血動脈硬化
そして、治らない病気と言われている痛風、糖尿病にも効果があると言われています。

下痢などは食物繊維が、風邪はビタミンCが作用して改善されるのは想像が付きますが、
痛風や糖尿病にも効くとは驚きですね。

これは、アムラを摂取し続けると血糖値尿酸値下げる働きがあるからだそうです。

また、豊富なポリフェノールが活性酸素を除去し、
血管を若返らせるため動脈硬化だけではなく心筋梗塞予防も期待できます。

他にも、肝機能、脾臓機能低下予防し、免疫力を向上させるため、
「どこ」と言わず全身を健康に導く効果があるとされています。

下痢や痛風についてはこちらの記事でも詳しく説明しています。

アムラの美容効果

そして、美容の面でも素晴らしい効果を発揮します。
アムラは豊富なポリフェノールを含むため強い抗酸化作用が期待でき、
インドでは「若返りの薬」と呼ばれているのだとか。

サプリメントで摂取することによりビタミンCがコラーゲンの生成を助け、
ポリフェノールが働いて老化を防止するため、高いアンチエイジング効果が得られます。

また、アムラを身体の外側に使う場合は特に髪への効果が高いと評判です。

元々インドでは、アムラを溶いた水で髪をトリートメントするという美容法があります。
アムラの効果により髪が太く丈夫になり、抜け毛薄毛の予防になるからです。

それだけではなく、アムラの成分が毛根に働いて白髪予防もできるというのですから、
白髪が気になる年齢の人には嬉しいですよね。

アムラを使った健康食品やケア用品には何がある?

アムラを使った商品には、色々なものがあります。

まず、アムラそのものを体内に取り入れるサプリメント

アムラの成分を濃縮したものや、
一緒に摂ると相乗効果が期待できるヒアルロン酸などを配合したものがあります。
形状も、タブレットカプセルのものから飲みやすく味付けしたドリンク剤まで様々です。

また、身体の外側に付けるものとしてはシャンプーがあります。

本来アーユルヴェーダでは、アムラの粉末を溶いた水や、
生のアムラを漬け込んだ水で髪を洗いますが、
それを使いやすくシャンプーに配合したものが
自然派化粧品メーカーなどから発売されています。

また、洗髪用のアムラ石鹸も人気です。
アムラパウダーをたっぷり使った固形石鹸で、
髪だけではなく、そのまま身体も洗えるという便利さがあります。

まとめ

2016-12-06c

いかがでしたでしょうか。
アムラ効果や活用法などについてお伝えしました。

以上のように様々なものに活用されているアムラですが、
まずは手軽なものから取り入れてみたいという人には、
タブレット状のサプリメントがおすすめです。

サプリメントなら飲むだけで
健康効果美容効果も一度に得られるので、一石二鳥ですよね。

また、好奇心が旺盛で「アムラを一度味わってみたい!」という人なら、
アムラの実そのものをはちみつ漬けにしたドライフルーツや、
カレーによく合うアムラのピクルスなどが売られているので挑戦してみて下さい。

アムラは日本ではまだマイナーな健康食品ですが、
これからどんどん普及して、暮らしに定着していくことが予想されます。

そうなる前から、いち早くアムラの恩恵を受けてみませんか。