アデノウイルスという言葉を聞いたことがあるでしょうか。
中々聞きなれない言葉ですよね。

しかし、このウイルスは私たちの身近に存在するものです。
あなたも知らず知らずのうちに感染していた可能性が低くないかもしれません。

今回はこのウイルスについて一緒に見ていきましょう。

アデノウイルスとは?

2016-10-06b

アデノウイルスは、その名の通りウイルスの一種です。
ライノウイルスなどとともに風邪症候群の原因となると言われている、
とても身近にあるウイルスです。

その種類は多く、現在51の型が確認されています。
プール熱夏風邪はやり目もアデノウイルスが原因です。

アデノウイルス感染症の三大症状
咽頭炎・結膜炎・高熱と言われています。
全ての症状が出る場合と、どれかひとつだけの場合があります。

潜伏期間は、一般的に5日〜7日で、
治療期間の目安は1週間〜2週間程度と言われています。

また、アデノウイルスは症状が治まったあとも
長くて1ヵ月ほどウイルスの排出を続けるため、
糞便なとによる二次感染には注意が必要です。

そのため、プール熱を発症した児童は1ヵ月ほどプールに入ることができません。

アデノウイルスについてはこちらも参考にしてみてください(*^^*)

学校や会社は休むべき?

感染力が高いので、休むべきです。

しかし、社会人はそうも言っていられないので手洗いうがい
マスクの常備などできちんと二次感染の予防をする必要があります。

糞便からの感染もあるのでトイレのあとはしっかり手を洗い、
できれば消毒までするのがベストだとか。


このように幼稚園や小中学校の場合は
原則として三大症状が治まってから2日間は登園・登校が禁止されています。

また、感染症を発症したプールにお子さんが入っていた場合、
本人が元気でも菌は保有しているので家族が感染してしまうケースもあります。

ちなみに、プール熱は学校伝染病の第2種として文部科学省が定めています。

予防にヤクルトは効果的?

アデノウイルスは特効薬ワクチンがないので、
きちんと栄養をとり、しっかり寝て体力をつけることが大切だと言われています。

そこで出てくるのが「生きて腸に届く乳酸菌」でおなじみのヤクルト
胃腸が弱って食欲がなくなると余計に症状は緩和されませんし、
脱水症状も心配ですからね。

飲むタイミングは食後と言われています。
ヤクルトレディの方もこの飲み方を推奨しているみたいですね。
ちなみに、乳酸菌は熱で死んでしまうので温めて飲むのはNGです。

また、乳酸菌は1日で排泄されてしまうので、
1日一本飲のむのが良いとされています。


何かあったらヤクルト、というのはあながち間違いではなさそうですね。

また、症状が出たときだけでなく、
毎日続けていることが大切なのです。

会社へ出ている場合、朝ごはんの後に
飲み忘れてしまった!ということもあると思います。
毎日忘れずに飲むことに自信がない場合は
サプリメントで乳酸菌を摂取すると良いでしょう。

参照:http://item.rakuten.co.jp/
これなら持ち運びも便利で
飲み忘れても思い出した時飲めますし、
消費期限の心配もありません(*^^*)
ヤクルト ノアレ タブレットのお求めはこちら

まとめ

2016-10-06c

いかがでしたでしょうか?
夏風邪プール熱は聞いたことあっても
アデノウイルスは聞いたことがなかった人がほとんどだと思います。

しかも、こんなに身近にあり、
感染力が強いにも関わらず特効薬がないのは心配になりますよね。

普段から発症しないための強い身体づくりが一番の予防のようです。
ヤクルトも「何となく身体に良さそうだから」
と飲んでいる人も多いのではないでしょうか。

私の家も毎朝飲むのが何となく習慣化していて
正直効いているか半信半疑でしたが、
これまでプール熱とは無縁できたのでこれからもきちんと続けていこうと思いました。

食事と睡眠を充分にとってウイルスに負けないよう過ごしていきましょう。