夏を代表するアデノウイルスというウイルスを知っていますか?
強い感染力があるこのウイルスに感染すると、
どのような感染症を引き起こすのでしょうか?

また、どんな感染経路で感染してしまうのでしょうか?
特に近い距離にいる兄弟姉妹は感染の可能性が高くなるので、その予防法についてもご紹介します。

アデノウイルスとは?

2016-01-27b-2

夏に流行するウイルスのひとつがアデノウイルスです。
アデノウイルスは、風邪に似た症状を出すことでも有名で、
アデノウイルスに感染するとアデノウイルス感染症といわれます。

とはいえ、アデノウイルスには今現在わかっているだけで51の型があり、
ウイルスの型によって発症する病気も違いますよ。

アデノウイルスが原因となって発症する感染症でも有名なのが、プール熱です。
プール熱は咽頭結膜熱ともいわれ、アデノウイルスの3型が原因として発症します。

プールで感染することが多いことからプール熱とも呼ばれていますよ。

また、はやり目と言われる流行性角結膜炎もアデノウイルスが原因で起きます。
はやり目は、アデノウイルスの8・19・37型によるものです。
この2つがアデノウイルスが原因で起きる代表的な感染症ですよ。

アデノウイルスの症状は?

では、アデノウイルス感染症になった場合、どのような症状が出るのでしょうか?
まずは夏に子供が感染ことが多い、プール熱。

プール熱にはわかりやすい3つの症状があります。
咽頭炎と言われるのどの腫れや痛み、目やにや目が充血する結膜炎、
さらに38〜40度ぐらいの高熱が出る、この3つの症状です。

更に高熱から倦怠感や食欲低下なども症状としてあらわれますよ。
ウイルスが原因の感染症なので、
対症療法のみの治療で1週間近くかけて自然に治るのを待ってから、登園・登校しなければいけないですよ。

また、はやり目の場合は結膜炎の症状である目やに・目の充血
さらには目の腫れや痛みも結膜炎の中では強いのが特徴です。

はやり目の場合、発症してから1週間ごろがちょうど症状のピークになり、
そこを過ぎてから症状は改善していきますが、完治までに何か月もかかる場合もありますよ。

アデノウイルスの感染経路は?

アデノウイルスは感染力が高く、
プールなどで大流行してプールが一時閉鎖になってしまうほどの感染力があります。

では、アデノウイルスはどういった経路で感染してしまうのでしょうか?
アデノウイルスの感染経路としては、
アデノウイルスに感染している人からの飛沫感染・接触感染・糞口感染の3つです。

飛沫感染は、ウイルス保持者のくしゃみや咳などから感染するもの。
接触感染は、経口感染ともいわれウイルス保持者がくしゃみや咳をおさえた手などで
触れた部分に触ってしまうことで感染してしまうものです。
もちろん、キスしても感染してしまいますよ。

糞口感染は、子供のおむつや便の処理などをした時
手洗い不足になった場合、感染する可能性が高いですよ。

アデノウイルスは、感染力が強く発症すれば基本的に学校や保育園などにはいけません。
(大人が感染すれば、会社へ行ってはいけませんよ。)

治るまでは自宅から出てはいけませんが、
兄弟姉妹に感染してしまう可能性がありますよね。
兄弟姉妹で感染予防は出来るものなのでしょうか?

兄弟でうつらないための対策法は?

アデノウイルス感染症になってしまえば、
学校や保育園に行くことが出来ないので自宅で安静という形になります。

そんな時心配なのが、兄弟姉妹がいる場合。
家の中で感染する可能性がありますよね。

兄弟姉妹でうつらないようにするにはどうしたらよいのでしょうか?

マスクをする

アデノウイルスは飛沫感染するため、
ウイルス感染している本人にマスクをして予防してください。
ウイルス感染している人以外もマスクをするとより効果的ですよ。

食事などもちょっと寂しいですが、自室などで食べさせて
出来るだけマスクをしていない同じ空間に一緒にいないようにしましょう。

手洗いうがい・消毒の徹底

自宅内でも、食事など何かを口に入れる時には必ず手洗いうがいをするようにさせてください。
手にウイルスがいつの間にかついてしまっていることもあるので、
その手を口に入れる前にしっかりと手を洗うことで予防することができます。

手洗いは正しく行ってしっかりとウイルスを落としましょう。

タオルをわける

風呂上り、顔を洗った後のタオルをわけるようにすることが大切。
顔をふいたときなどについたウイルスがタオルを介して感染する可能性が
あるので、家族内でもタオルをわけて使うようにしてください。

おむつの処理

おむつを使っているぐらいの赤ちゃんが感染した場合、
そのおむつにはウイルスが含まれています。

お姉ちゃんやお兄ちゃんがおむつを捨てるのを手伝ってくれることがありますが、
ウイルスに感染している場合には手伝わせないよう
また、は手伝った後はしっかりと手洗いするようにさせましょう。

まとめ

アデノウイルスは、感染力が強い夏を代表するウイルスです。
アデノウイルスに感染すれば、
学校や保育園、職場などにはいくことができなくなってしまうからこそ、感染には注意が必要。

とはいえ、自宅で安静にしている時には
特に小さな子供同士の兄弟姉妹がいる場合には感染しないように予防してあげましょう。